かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて

高校生で脱毛サロンは早い?サロン脱毛の費用や気を付けること

教室で座ってる女子高生2人高校生活は、指定された制服や体操服を着用しなければならず、ムダ毛処理に手を抜けない状況です。カミソリや毛抜きで処理すると、毛穴がブツブツになったり、生えてきた毛がチクチクしたりするため、サロンで脱毛できたらいいなと思うことがあるでしょう。

高校生がサロンで脱毛するのは早すぎるのでしょうか?何歳くらいから脱毛を始められるのか、どこのサロンがいいのか、契約に必要なものや費用は?ここでは、サロンで脱毛したいと思っている高校生の疑問について調べてみました。

脱毛デビューに適した年齢は16歳くらいから、高校生OKのサロンはここ

脱毛サロンで脱毛できるのは何歳からでしょう。個人差はありますが、胸が大きくなったり生理が始まったり、体が徐々に変化する時期は、ホルモンバランスが変化するため、体毛が増えたり濃くなったりすることがあります。

小さいうちにサロンで脱毛しても、その後のホルモンバランスの変化が影響して、ムダ毛が生えてくることもあります。そのため、生理が安定してから脱毛する方が良いと考えるサロンが多いです。

生理が安定してくればサロンで脱毛が始められる。

ホルモンバランスが変わる10代前半の時期は、毛周期も安定していないため、ベストな脱毛間隔がつかめないのも脱毛に適していない理由の一つです。16歳くらいからホルモンバランスが安定し毛周期も安定すると、光脱毛の照射間隔とムダ毛の周期が合い、脱毛効果が充分に出るようになります。

高校生OKの脱毛サロンはここ

  • ミュゼプラチナム
  • キレイモ
  • 銀座カラー
  • エピレ
  • ディオーネ
  • ストラッシュ
  • ジェイエステティック

高校生がサロンで脱毛するときに必要なのは親の同意をもらうこと

腕を組む女性

では高校生が脱毛サロンでカウンセリングを受けたり、契約するにはどのようなことが必要になるでしょうか?ここではサロンに行くときに必要なことを解説していきます。

ただ、高校生がサロンで脱毛すると言ったら反対する親もいるでしょう。親が反対するのはどういう心配があるのか、それをクリアするにはどう説得したらいいかも併せて紹介します。

親が同伴しなくても同意書があればOKなサロンが多い

親の同伴を絶対条件にしているサロンは少ないですが、親の同意書は必要となります。そこでカウンセリングに行くときに親が同伴できない場合は、同意書を持って行くとスムーズです。契約する場合には、サロンのスタッフが同意書に記載した連絡先に電話をして親の確認をとります。親の電話確認が取れて支払いをすれば、高校生でも契約をすることができます

高額契約や分割払いにする場合は親の同伴が必要となりますし、親が同伴しないと契約できないサロンもあるので事前に確認しましょう。

同意書はそれぞれのサロンのホームページからダウンロードし、印刷して親のサインとハンコをもらって、カウンセリングに持って行けば大丈夫です。電話確認が必要な場合は、連絡がとりやすい電話番号を書いてもらうようにしましょう。

サロン指定の同意書を家で印刷できない時は、指定外の同意書でも大丈夫なのか、サロンに確認しましょう。サロン指定の同意書が必要な場合は、コンビニで印刷するか事前にサロンに取りに行きましょう。

反対されるからと親に内緒で自分で同意書を書いてしまうと、契約できなかったり、後々トラブルが起きることもあり注意が必要です。

親に反対されたら?説得するポイントを解説

高校生がサロンで脱毛するのはまだ早いと思う親もたくさんいます。お金がかかることだから自分で収入を得るようになってからでないとダメ、肌への負担や安全面が心配だからなど、その理由は様々です。

今はまだ勉強が優先で、脱毛サロンに通う時間を作るのは学校を卒業してからにして欲しいという意見もあるでしょう。そこでこれらの親の反対や不安を解消するために説得するポイントを解説します。

■費用が高いのでは?

昔、エステサロンで脱毛をするにはワキだけで何十万円もかかっていました。そのイメージで高校生が脱毛なんてと思っている母親もいるかもしれません。今は、ワキ脱毛なら数百円から数千円で脱毛できるサロンが増えてきたことを説明するといいでしょう。

■安全性は大丈夫?

20年くらい前は、電気針の脱毛が主流で毛穴1つ1つに針を刺し施術する脱毛方法でした。痛みも非常に強く、針を刺すことへの不安などもありましたが、今では光脱毛が主流になってきました。

黒いものに反応する光を肌に照射して、毛根にダメージを与える方法です。肌表面にはダメージがなく、痛みもほとんどないため安心して通うことができます。

■学業と両立できるの?

通う間隔は2~3ヶ月に1度くらい。ワキの施術は5分~10分程度で終わります。照射後に冷やしたり保湿したり着替えの時間などを含めても所要時間は30分くらいです。勉強や部活などが忙しくても負担なく通えます。

サロン脱毛する最大のメリットは、日々ムダ毛処理にかけていた時間がなくなり、肌トラブルも解消されることです。

高校生とはいえ、女性なのでムダ毛を気にするのは自然なことです。サロンによっては学割やキャンペーンを行っていることも多いので、親にきちんと説明して納得してもらいましょう。

脱毛サロンは何回で終わる?

いざ脱毛に通うとなると、気になるのがどれくらいできれいになるのか、という点でしょう。

脱毛サロンのコースでも多い6回、12回、18回で見ていくと、まず6回では4割程度の脱毛となるため自己処理はまだまだ必要です。この段階では目立つ毛が抜けるだけなので、少し減ってきたなと感じるくらいです。

次に12回になると、約8割のムダ毛がなくなります。つるつる、とまではいきませんが、少し生えてくる毛を処理するだけでよくなるので、自己処理の頻度はだいぶ低くなります。
最後に18回ですが、ここまでくると約9割、ほとんどのムダ毛がなくなります。生えてきたとしても産毛のような細く色素の薄い毛なので自己処理はほとんど必要なくなります。

ムダ毛の濃さや量、太さは人それぞれ個人差があり、薄い人は少ない回数できれいになりますし、濃い毛の場合はもっと回数が必要なこともあります。サロンによっては毛質から最適な回数を教えてくれる場合があるので、カウンセリングの時に聞いてみると良いでしょう。

サロン脱毛は高校生でも払える金額?

豚の貯金箱

脱毛に通うときに決め手になるのが料金という人も多いでしょう。脱毛サロンでワキ、ひざ下、VIOを脱毛する場合、12回コースの相場はワキが2~3万円、ひざ下が5~6万円、VIOが10~12万円となっています。

キャンペーンを行っているサロンの中にはワキ脱毛が数百円でできることもあります。また、学割があるサロンもあり、高校生なら通常の料金よりも安く脱毛できます。

初めての人限定のキャンペーンではミュゼならワキVライン通い放題で100円ジェイエステではワキ脱毛12回で300円エピレはワキ6回500円です。この金額なら高校生でも気軽に脱毛を始めることができます。

何箇所も脱毛するには高額な費用がかかるので、支払いができる年齢になってから脱毛箇所を増やしていくという人も多くいます。

脱毛サロンは基本日焼けNG!日焼けしても脱毛できるサロンはここ

高校生が脱毛サロンに通うときに気を付けなければいけないのが、日焼けです。多くの脱毛サロンでは日焼けした肌では施術ができないとしています。その理由は、脱毛の仕組みにあります。脱毛サロンの主流は光脱毛と言って、黒い色素に反応する光を当てることで毛根にダメージを与えムダ毛を脱毛していきます。

そのため、日焼けした肌に光を当てるとピンポイントでダメージを与えることができず、照射の効果が十分に発揮できないのです。さらに黒い肌に反応してしまい肌トラブルを起こす可能性がでてきてしまうのです。

そうはいっても通学や体育の授業、部活などあり、高校生が日焼けをしないで生活するのは難しいです。そこで日焼けをしている肌でも脱毛可能な機械を使用しているのがこの2つのサロンです。それぞれのサロンが日焼け肌でも施術できる脱毛方法の仕組みも併せてご紹介します。

■日焼け肌でも施術できる脱毛サロン

【ストラッシュ】
ストラッシュという脱毛サロンは日焼けした肌でも脱毛可能となっています。ストラッシュの脱毛は光脱毛のように毛根にダメージを与えるのではなく、毛包全体に作用するため黒い色素に反応するわけではないのです。ストラッシュならうっかり日焼けしてしまっても断られることはないので安心です。

【ディオーネ】
ディオーネの脱毛は、これまでの光脱毛のように毛根に熱を与えるのではなく、38℃の特殊な光を当てて毛の種を減少させる脱毛方法なので、日焼けした肌でも脱毛することができます。この方法だと火傷や肌トラブルのリスクがぐっと減り、施術の際の痛みもないので安心して通えます。

しかし日焼けした肌でも脱毛できるサロンは数少ないので、近くに日焼けOKのサロンがないなら、しっかり紫外線対策をしなくてはいけません。高校生のうちは部活やプール、夏休みのレジャーで海に遊びに行くことも多いです。

一日外にいるとすぐ日焼けしてしまうので、脱毛を受けると決めたら日焼け止めを欠かさないようにし、プールや海に行く頻度を減らすか日焼け対策を万全にしましょう。

【高校生のサロン脱毛】ムダ毛はこの先ずっと生えてこない?

おしゃべりする女子高生3人

脱毛で気になることといえば、脱毛したらもうムダ毛は生えてこないのか、という点もあります。安く通えるとはいえ、脱毛にはお金がかかります。一生懸命アルバイトで貯めたお金で脱毛しても、また生えてくるのではがっかりしてしまいますよね。

結論から言うと、脱毛サロンで脱毛したあとでも再びムダ毛が生える可能性はあります。脱毛サロンは光脱毛が多く、この脱毛方法では完全な脱毛とはいえません。サロンで脱毛した人のうち約半数は5~10年のうちに再び毛が生えたと感じています。

あくまで脱毛サロンは減毛を目的としているので、医療脱毛で行っているレーザーを使った永久脱毛とは違います。再び生えてくることもあるのですが、わずかに生えてくるようになった、そこそこムダ毛が増えたなど、その後の変化にも個人差はあります。

せっかく脱毛したなら何年たってもその状態を保ちたいと思う人もいるでしょう。脱毛サロンの中には永久保証があるサロンもあります。また脱毛し放題のプランの場合も通い続けることができます。ただし、どちらの場合も一定期間サロンにこない場合は無効などの条件が付いている場合が多いので注意が必要です。

永久保証や脱毛し放題の場合、どのような条件で通い続けられるかを契約前に確認したほうがいいです。

高校生におすすめの脱毛サロンは?安くてコスパがいいのはミュゼ

高校生におすすめの脱毛サロンはミュゼプラチナムです。年齢制限はなく生理が安定してきていれば脱毛することができます。親が同席できない場合でも同意書があればカウンセリングが受けられます。同意書にある連絡先に電話をして確認がとれれば、高校生でも契約できます。

ミュゼでは初めての人に限り、WEB予約をすればワキVライン通い放題の完了コースが100円で受けられるキャンペーンがあります。気をつけなければいけないのが、この完了コースを受けられるのは16歳からです。16歳未満は1年6回コースとなるので、お得にワキVラインを脱毛するには16歳になってからの方がいいと言えます。

またミュゼの公式アプリをダウンロードすれば手頃な価格で脱毛が受けられます。また平日18時までのデイプランでさらにお得に脱毛が受けられます。これらを利用すれば、ひざ下、ひじ下などもそれぞれ12回コースが4万5千円で受けられます。

えり足、乳輪まわり、腰、へそまわり、手の甲と指、足の甲と指、アンダーヘアの上部分、Iラインなど小さい箇所の脱毛なら、アプリでの割引とデイプランを利用して、12回コースが2万2,500円で受けられます。

ミュゼなら知名度も高いから安心感もありますし、店舗数も多く、学校帰りに通いやすいと言えます。キャンペーンやお得なプランを利用すれば高校生でも支払うことのできる金額というのも大きな決め手となります。

まとめ

  • 生理が安定していれば高校生でも脱毛できるサロンはたくさんある
  • 脱毛を始めるのに適した年齢はホルモンバランスが安定する16歳くらいから
  • 多くのサロンでは、同意書があれば親が付き添わなくても契約できる
  • サロン脱毛で日焼けはNG、日焼け肌で脱毛できるのはストラッシュとディオーネ
  • 脱毛し放題コースや永久保証などがあるプランは脱毛に通い続けることができる
  • 高校生におすすめの脱毛サロンはミュゼプラチナム

脱毛を始めるのに適した年齢は16歳くらいから。高校生でも通える脱毛サロンはたくさんあることがわかりました。お得なキャンペーンがあったり、手頃な料金で脱毛できるサロンを選べば、高校生のお小遣いやバイト代で払うこともできます。

サロンで脱毛してしまえば、日ごろの自己処理の時間も有効に使え、肌トラブルの悩みも解消できます。サロン脱毛に行ってみたいと思っているなら、まだ高校生だからとあきらめないで、思い切って母親に相談してみるといいでしょう。

みさき

両親と3姉妹で仲良く暮らす24歳OL。姉と妹は母に似て毛が薄く、私だけ父の遺伝子を色濃く受け継いでしまい剛毛。姉や妹には剛毛のつらさをわかってもらえず、自分で脱毛情報をリサーチ中!

Copyright© かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて , 2020 All Rights Reserved.