かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて

【口コミ体験談】子どものムダ毛はケノンで脱毛、照射レベルや減毛の効果について

ケノン14歳

家庭用脱毛器ケノンを中学生(14歳)のお子様に使用しているNさんの口コミ体験談を紹介します。ケノンを子どもへ使用する際に知っておくべき注意点、照射レベルや脱毛の効果、また子どもに使用して気づいたこと、感じたことなど、詳しく教えてくださいました。

【脱毛器ケノン】14歳の子ども、足の剛毛を夏までに何とかしてあげたい

足14

40代、主婦です。ケノンは決して安い買い物ではないため、ネットでいろいろな脱毛器の口コミや性能、効果を見て時間をかけ検討しました。ケノン脱毛器を購入したのは2013年の12月です。

ケノンを購入した理由は、二つあります。一つは、脱毛サロンで処理しきれなかったムダ毛に使いたいということ。二つ目は、中学生の子ども(14歳)のムダ毛にも使えると思ったことでした。

ケノンを使用する前に、中学生の子ども(14歳)が脱毛しても良いのか気になったため、かかりつけの皮膚科に相談しました。皮膚科の先生は「14歳で脱毛して問題ありません。しかし、子どもは成長期なので大人とは違い脱毛してもまたムダ毛が生えてきてしまう可能性があります。」とのこと。

心配していた子どもでも脱毛できるのか、という点はクリアできたため、現在は主に、膝下の毛が濃い14歳の娘に使用しています。夏までに少しでも目立たなくしてあげたかったので、冬から2~3週間に1度のペースで処理しています。

【ケノンを使用する前に】知っておくべき注意点

子どもの脱毛で注意していることがあります。ケノンを使用する前に知っておくべき注意点4つです。

(1)シェーバーの剃り残しがないよう大人が最終チェック

家庭用脱毛器ケノンは、ムダ毛の剃り残しがあると焼けてチリチリになり、焦げ臭い匂いがします。子どもは前日にシェーバーで処理していますが、ケノンを使用する前に剃り残しがないか私が最終チェックしています。

(2)日焼けを避けるためUV対策は万全に

ケノンは、日焼けした肌には使えません。中学生の娘は、部活や通学などで日焼けしていたため夏場は使用することが出来きず、肌が落ち着く冬まで待ちました。ケノンを使う時期は、紫外線対策に日焼け止めを持たせるなど、肌を焼かないよう工夫しています。

(3)傷は避けて照射すること

肌の傷は避けて照射します。子どもの足には、虫刺され跡や転んだ時の傷がありました。絆創膏などで傷跡を保護して照射すれば、痛みなどはありません。

(4)ケノン使用後は、乾燥に気を付け保湿ケア

ケノン処理後は、ホホバオイルを薄く塗って保湿ケアしています。肌は乾燥すると、ひび割れのような皮膚になってしまいます。子どもはべたべたした保湿を嫌がるので、少量のオイルでしっかりと肌に馴染ませています。

ケノンの照射した光は、黒い色素(ムダ毛)に反応します。日焼けした肌に使用すると火傷する可能性があります。

【子どもの照射レベル】1から開始!徐々に出力を上げレベル10で使用中

ケノンを初めて使用したときは、火傷や痛みなどの肌トラブルが気になり、レベル1から試しました。しかし、中学生の娘は、肌が強いのか痛みはなく、火傷などの肌トラブルもありませんでした。

ケノンの出力レベルは10段階あります。レベル1が弱く、数字が10に近づくほど強くなります。子どもの膝下は、とても剛毛です。ムダ毛を早く少なくしてあげたかったため、徐々に照射するレベルを上げ、今は最大出力のレベル10で使用することができています。

脱毛部位を保冷剤で十分に冷却し、照射すれば痛みはありません。たまに冷やしが足りず、痛みを感じるという失敗はありますが、火傷をして痛くなったり腫れたりしたことは一度もありません。

ケノンで照射するときのポイントは、保冷剤で10秒以上冷やすことです。

【効果】子どもの剛毛が、柔らかな毛質になり毛量減!毛穴も小さくなり嬉しい

ケノン効果

娘の濃い足のムダ毛は、ケノンで繰り返し脱毛するうちに、少しずつ柔らかな毛質に変化して、毛量も少なくなりました

初めのうちはケノンで照射しても、カミソリで剃った後のようなつんつんとしたムダ毛が生えてきていました。今ではケノン脱毛前のシェーバー剃りもあっという間に終わり、明らかに効果が出ていることが実感出来ます。また髭剃り後のように目立った毛穴も徐々に小さくなっています

ケノンを足に使用して半年、ずいぶん綺麗になってきましたが、娘の膝やすねのムダ毛は太く濃いため、まだチラホラと生えてきます。脇は足同様、剛毛なので気長にやっています。

ふくらはぎ(後ろ)は毛が細いので半年ほどでほぼ綺麗になりました。また、腕の毛質も細いため、半年位でほぼ完了しました。娘はケノンの効果に大変喜んでいます。今後も背中など見えない部位もやってあげるつもりでいます。

2週間に一度のペースで照射します。個人差はありますが4~5回位から効果が出ます。

【口コミ】子どもにケノンを半年間使用して感じたこと5つ

ケノン

中学生の子どもにケノンを半年間、使用しています。始めは子どもが脱毛することに不安がありました。しかし綺麗になっていく足を見て今は親子で喜んでいます。

【口コミ1】ムダ毛に関する子どもの悩みが解消できた

娘は濃く太いムダ毛に悩んでいました。カミソリで処理してもすぐに生えてきてしまうし、出血することもしばしばありました。濃いムダ毛が薄くなってからは、カミソリで処理することを止めた為、肌トラブルもなくなりました。ずっと剛毛に悩んでいたため、もっと早く脱毛してあげれば良かったです。

【口コミ2】時間を気にせず脱毛できる

家庭用脱毛器ケノンは、好きな時に好きな時間、そして人に知られずに処理することが出来ます。娘は中学生なので、学校や部活、塾などで忙しい日々を過ごしています。娘や自分の都合に合わせて脱毛できるので助かります。

【口コミ3】照射レベルは10段階から選べる

ケノンの照射出力レベルは10段階あります。大切な子どもの肌なので、初めは弱いレベル1で照射しました。火傷や赤みなどの肌トラブルがないことを確認して、徐々にレベルを上げ現在はレベル10で照射しています。

【口コミ4】親子で使える

家庭用脱毛器ケノンは中学生の子どもと一緒に使用しています。私は脱毛が終わっているため、カートリッジを付け替えて、美顔器として使用しています。脱毛以外にも使えるので、買って失敗だと思ったことはありません。

【口コミ5】脱毛サロンより、ケノンの方が面倒がない

サロンで脱毛したことがありますがキャンセルは前日まで、勧誘はないと言いつつ何かしら断りにくい雰囲気など面倒なことも多かったです。家庭用だと予約などに縛られることもなく自由に時間が使えるため本当に便利です。

ケノンのメーカーは20歳からの脱毛を推奨、子どもへの使用は保護者判断に

  • メーカーで未成年への使用は推奨していない
  • 未成年にケノンを使用するかは保護者判断
  • 子どものムダ毛はまた生えてくるため気長に脱毛する
  • 日焼けしていると使用できない
  • 傷は避けて照射する
  • レベル1から試して、徐々に上げる

家庭用脱毛器ケノンを14歳のお子様に使用しているNさんの口コミを紹介しましたが、ケノンはメーカー公式で未成年への使用を推奨していないことが分かりました。その理由として、メーカーは成人の臨床試験しか行っていない為とのこと。

実際、ケノンの公式HPのレビュー記事を読むと小学生や中学生も多く利用しています。てっきり、未成年でも使用できると勘違いしていました。ケノンを使用するかは保護者の責任で、判断する必要があります。

脱毛は薄着になる春、夏にやりたくなるものですが、寒い季節に処理を始めていけば夏までに目立たなくなります。大切な子どもの肌に使用するものなので、トラブルなどあってはいけません。ケノンを使用する際は、照射レベル1から使用して、焦らず気長に脱毛すると良いでしょう。

みさき

両親と3姉妹で仲良く暮らす24歳OL。姉と妹は母に似て毛が薄く、私だけ父の遺伝子を色濃く受け継いでしまい剛毛。姉や妹には剛毛のつらさをわかってもらえず、自分で脱毛情報をリサーチ中!

Copyright© かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて , 2020 All Rights Reserved.