かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて

レーザー脱毛器を買う前に!知っておきたいレーザーの特徴と注意点


レーザー脱毛器トリア

自宅で気軽に脱毛できる、家庭用脱毛器にはフラッシュ式とレーザー式の2種類があります。レーザー脱毛器は、フラッシュ式より高い脱毛効果が期待できるにも関わらず、販売しているメーカーは1社だけ。なぜレーザー脱毛器はこんなに機種が少ないのでしょうか?ここではレーザー脱毛器の特徴や注意点について詳しく解説していきます。

家庭用レーザー脱毛器の特徴

家庭用レーザー脱毛器

家庭用脱毛器にはレーザーとフラッシュの2種類があり、どちらも黒色にだけ反応する光線を照射することで脱毛します。レーザーとフラッシュの違いは、光線の波長の長さです。

フラッシュは波長の長い光線から短い光線まで幅広く含まれ、毛根より深層に眠っているシミのもとにも反応します。そのため、脱毛以外でもシミ予防といった効果が期待できます。メリットが多いように感じますが、ムダ毛や毛根に効果を発揮する光線が少ないため、フラッシュの脱毛効果は低めです。

その点、レーザーはムダ毛や毛根に効果を発揮する短くて強い波長の光線で作られています。毛根やムダ毛に、ドンピシャでアタックできる強いレーザーを小さな照射口から一気に放出し脱毛します。そのため、フラッシュよりも脱毛効果は高くなります。

レーザー脱毛器の最大の特徴は2つ、脱毛効果が高いことと痛みが出てしまうこと。強い光線を一気に肌に当てるため、どうしても痛みを強く感じてしまいます。

パチっとはじかれたような痛みや、チクッとした痛みなど感じ方は様々。照射パワーを低くすると痛みも軽減されます。

レーザー脱毛のしくみと弱点

■レーザーで毛が抜けるしくみ

短い波長の光線を一気に浴びたムダ毛は、毛の中のメラニン(黒色)が反応し熱を帯びていきます。徐々に毛の根元まで熱が伝わり、毛根近くの毛母細胞まで熱は伝わります。熱で毛母細胞はダメージを受け、毛はポロリと抜け落ちます

■レーザーの弱点
強い光線のレーザーですが、反応する黒色が濃ければ濃いほど本領を発揮します。なので、濃くて太いムダ毛には効果てき面ですが、黒色が薄いムダ毛には反応が悪くなります。レーザーの弱点は「産毛」。細くて薄いムダ毛は上手にレーザーが反応しないため、痛みだけ感じて抜けないデメリットがあります。

医療機関のレーザー脱毛と家庭用レーザー脱毛器の違い

医療レーザー脱毛

レーザー脱毛は医師の資格を持った者、もしくは医師から指示を受けた看護師しか施術することができません。医師や看護師がいる場所と言えば、医療クリニックですね。本来レーザー脱毛は、医療クリニックのみで行われます。

町中にある脱毛サロンは、どうなのでしょう?脱毛サロンにも医師や看護師はいません。ですが、サロンで行われる脱毛方法はレーザーではなくフラシュ(光)による脱毛です。光脱毛は特に決まりがないため、医師や看護師の資格をもっていないスタッフでも脱毛が可能です。

有資格者ができるレーザー脱毛と家庭用レーザー脱毛器の境界線

有資格者しか施術できないレーザーですが、家庭用脱毛器にはレーザー式も販売されています。医療クリニックのレーザーと家庭用レーザー脱毛器、どちらも同じレーザー光線です。単純にレーザーの強さの違いでしょうか?

有資格者が施術できるレーザーと私たちが使用できるレーザーの境界線は、ムダ毛を再生する器官を完全に破壊するか、しないかになります。その器官とは、毛乳頭(もうにゅうとう)毛母細胞(もうぼさいぼう)です。

毛乳頭…毛根の一番根っこにあり、血管とつながっています。ムダ毛の形成や成長に必要な栄養を蓄え、成長を促す指示を出す器官

毛母細胞…毛乳頭の周りを覆う細胞。毛乳頭からの指示でムダ毛を成長させる器官

毛乳頭と毛母細胞を完全に破壊するには、かなり強いレーザーが必要になります。強いレーザーを使えば脱毛効果はかなり感じられますが、リスクもあります。

黒色に反応してしまうレーザーは、ホクロや日焼けした肌にも反応します。あまり目立たない薄いシミにも強く反応するため、火傷や赤み、痛みといった症状を発症する可能性があります。だからこそ、正しい知識を持った資格者だけが強いレーザーを扱うことができます。

永久脱毛ができるのは、医療クリニックのレーザー脱毛だけ

ムダ毛を形成する毛乳頭と毛母細胞を完全に破壊すると言うことは、イコール永久脱毛ができることになります。そのため、医療クリニックで行うレーザー脱毛が唯一永久脱毛できる方法です。

永久脱毛とは、「最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法※米国電気脱毛協会」と決められています。一生まったく生えてこない訳ではありません。

医療脱毛と同じレーザー光線ですが、家庭用のレーザー脱毛器はリスクを軽減するために弱めに設定されています。弱いレーザーでは毛乳頭や毛母細胞を、完全に破壊することができません。毛乳頭や毛母細胞にダメージを与える程度の強さになります。

家庭用レーザー脱毛では永久脱毛はできませんが、フラッシュ(光)よりは脱毛効果は高めです。ただし、弱いレーザーでも体質によっては火傷や赤み、痛みを感じることがありますので、様子を見ながら照射するようにしてください。

レーザー脱毛器の効果

女性のきれいな足

家庭用脱毛器にはレーザーとフラッシュ(光)の2種類があるとお話しました。フラッシュ(光)はレーザーよりもムダ毛への効果が低いため、家庭用脱毛器の中ではレーザーが一番効果を得られます

家庭用のレーザー脱毛器は、今生えているムダ毛を抜くことはもちろん、次が生えてくるまでの期間も長くなります。それは、ムダ毛を形成する器官がダメージを受けたことで、まずはこの器官の回復から始まるためです。

カミソリや除毛クリームでの脱毛は、毛根まで抜く溶かすことができません。毛抜きだったら毛根も抜けるのでは?と思いがちですが、単純に毛根がちぎれているだけなので再生も早めです。カミソリであれば絶えずムダ毛がない状態にするには、毎日、もしくは2~3日ごとにお手入れをする必要があります。

しかし、レーザー脱毛のお手入れ間隔は2週間に一度。レーザーは、皮膚から出ているムダ毛の黒色だけでなく、もうそろそろ皮膚からでてきそうなムダ毛や毛根の黒色にも反応します。

1回目で脱毛できなかったムダ毛は、まだムダ毛を形成する器官がお休み中なんです。そして、2週間で育った毛根や毛根から伸び始めたムダ毛に再度照射します。最初の3か月はこの繰り返し。そのため、レーザー脱毛の効果は3~4か月後に感じることが多いようです。

その後のお手入れは月に一度でも、大丈夫。カミソリや毛抜き、除毛クリームよりも、ムダ毛のお手入れ回数はグッと減りますね。

レーザー式脱毛の注意点

肌トラブル

レーザー式の家庭用脱毛器は、家電量販店や通販、ドラッグストア、ロフトのような生活量販店、イオン、ネットなどでも購入できます。とても購入しやすい環境で、家電量販店では実際に商品を手に取ることができるため、大きさや重さ、手の馴染み具合を確認することができます。

簡単に手に入るレーザー脱毛器ですが、フラッシュ(光)脱毛と比べ強い威力を持つため、注意も必要です。特に注意が必要な2点を挙げていきます。

【注意1】使用できない箇所や場合がある

レーザー脱毛は、黒色に反応しダメージを与えていきます。そのため、ホクロやシミのある箇所、他の部分より肌の色が濃くなる色素沈着(打ち身など)や日焼け後の肌には使用出来ません。黒色に反応しすぎてしまい、火傷の可能性が高まるからです。

また、傷やケミカルピーリング後など、皮膚がダメージを受け敏感になっている時も使用することは出来ません。

レーザーはフラッシュ(光)と比べ、強い光線です。傷や敏感な肌には刺激が強く、傷の悪化や赤み、強い痛みも発症する恐れがあります。

【注意2】決められた部位以外の脱毛は不可

脱毛できる部位が決まっています。腕や脇、足、指、背中、腹部、ビキニラインは脱毛可能です。ほぼ全身を脱毛することが出来ますが、目元(眉)や額、こめかみ、鼻などの顔の上部分やデリケートゾーンへの使用は出来ません

レーザーは黒色が濃いほど、より効果を発揮します。その反対で、薄い黒色にはなかなか反応しません。色も薄く細い産毛は、脱毛効果は感じられず肌へ負担をかけて終わってしまいます。

脱毛できない部位は、肌も弱い箇所になります。照射レベルを低くしたとしても、使用は避けてください

日本で唯一販売されているレーザー脱毛器「トリア」をまるっと解説

レーザー脱毛器トリア

日本から販売されているレーザー脱毛器は、「トリア・パーソナルレーザー脱毛器」の1種類だけになります。アメリカの企業が開発したトリアは、トリア・ビューティー・ジャパンから販売されています。

トリアで照射される光線は、「ダイオードレーザー」です。このダイオードレーザーは、アメリカ食品医薬局※も認可しているレーザーの1つ。

アメリカ食品医薬局…アメリカの政府機関。食品や医薬品の安全性を検査したり、商品の製造や保管の管理なども行う

医療クリニックでも使われるダイオードレーザーを、家庭用に出力(パワー)を低くして作られているのがトリア・パーソナルレーザー脱毛器です。レーザー式は広範囲に照射するのではなく、ピンポイントに照射することでムダ毛にアプローチします。照射面積が狭いので時間は多少掛かりますが、脱毛効果はトリアも高めです。

トリアの良いところ

◆充電式のコードレスタイプなので、どんな体勢でもコンセントから離れていても脱毛できる

1回の充電にかかる時間は約2時間30分。照射レベルが低いほど1回の充電で照射できる回数は増え、約30分間使うことができます

部位かかる時間
片方の脇約5分
片方のひざ下約30分
Vライン約10分
※照射レベルが高いほど使用時間は短くなります。

◆使い方が簡単

1.充電する

2.脱毛前にカミソリでムダ毛を剃っておく。完全に剃っても大丈夫です。ただし、6週間前からは、毛根から抜く脱毛(毛抜きや脱毛ワックス)は使わない。

3.電源を入れ、出力(パワー)レベルを設定

4.照射レンズを肌にピタっと当て、「プッ」という音がするまでそのまま

5.「プッ」という音がしたら、次の箇所に移動

トリアには、照射ボタンはありません。肌にきちんと密着できたと機械が判断したら、自動的に照射されます。照射ごとにボタンを押したりせず、トリア本体を少しずつずらし肌に密着させるだけで簡単に脱毛ができます

◆脱毛する用途に合わせて2種類から選べる

 トリア・レーザー脱毛器
4X
トリア・レーザー脱毛器
プレジョン
価格54,800円36,800円
大きさ高さ23センチ高さ17センチ
重さ約580g約200g
設定できる出力レベル5段階3段階
充電時間約2時間約2時間
フル充電で使える時間約30分約15分
照射レンズの大きさ直径1センチの円状直径1センチの円状
色のバリエーション2色
(フューシャピンク・グリーン)
1色
(ホワイト)
メリット・持ちやすい形
フル充電で使える時間が長い
1回の脱毛で照射した回数やバッテリーの残量が表示されている
・コンパクト設計でポーチに入る
3段階レベルだが出力する波長(パワー)はトリア4xと同じ
デメリット・持ち運びはできないフル充電で脱毛できる時間が短い
・出力レベル以外の表示はなし

◆購入後のサポートがしっかりしている

トリア・レーザー脱毛器4Xもプレジョンも公式サイトから購入すると、2年間の保証が付きます。他にも、30日間返金保証もあり、肌に合わなかったときも安心です。

◆本体以外の別途購入品がない

本体と充電用ACアダプターがセットになって販売されているので、商品が到着したらすぐに使用することができます。他に購入するものをしいて言うならば、サングラスと使用後の肌ケア用保湿クリームや保冷剤だけです。

トリアの悪いところ

◆痛みを感じやすい

個人差もありますが、レーザーはフラッシュ(光)よりも強い光線を一気に当てるため、痛みが出ることがあります。ヒリヒリやチクチク、出力レベルを高くするほどパチンと弾かれるような痛みを感じます

低い出力レベルでも、Vラインといった肌が弱い箇所やその日の体調によって痛みを感じることがあります。脱毛する際は、毎回まずは出力レベル1で皮膚の厚い腕や足で試してください。

◆過度な照射は火傷や赤みの恐れあり

脱毛効果を高めたいために毎日お手入れしたり、同じ部位を集中的に何度も照射したりすると火傷の恐れがあります。体質によっては、火傷から水ぶくれまで発症することも。強い痛みや照射後に赤み、腫れを感じた際は、その日の脱毛は中止しましょう。

◆充電回数500回を過ぎると、本体を買いなおし

1つのトリアで充電できる回数は約500回です。フル充電で30分使用できるので、250時間使えることになります。2週間に一度30分の使用で、20年使えますね。しかし、片方のヒザから下の足にかかる脱毛時間は30分です。両足だけでも充電回数は2回必要です。

500回は、照射レベルを低くして使った場合です。照射レベルが高いほど、1回の使用時間は短くなり、その分充電回数も増えてしまいます。

トリアは内蔵されている電池が消耗すると、本体ごと取り換えることになります。

まとめ

・レーザー脱毛器の最大の特徴は脱毛効果が高いこと
・医療クリニックのレーザーより家庭用レーザー脱毛器は出力が抑えられている
・レーザー脱毛器では永久脱毛はできない
・お手入れは2週間に一度、効果は3~4か月後に感じることが多い
・ホクロやシミ、打ち身がある箇所、日焼け後は使用不可
・日本で唯一のレーザー脱毛器「トリア」は使い方が簡単
・過度なトリアの使用は火傷につながるため要注意

レーザー脱毛は、フラッシュ(光)脱毛器と比べ、効果は高いですがその分リスクもあります。日本で唯一販売している「トリア」は、医療クリニックで使われるレーザーよりパワーは抑えられており、使用方法も簡単です。価格もフラッシュ(光)より1万円程安いため、買いやすい商品ですが注意点は必ず守ってください。

使っていくうちに痛みは慣れてくると思いますが、脱毛後の赤みや火照りは毎回しっかりとケアをしましょう。
みさき

両親と3姉妹で仲良く暮らす24歳OL。姉と妹は母に似て毛が薄く、私だけ父の遺伝子を色濃く受け継いでしまい剛毛。姉や妹には剛毛のつらさをわかってもらえず、自分で脱毛情報をリサーチ中!

Copyright© かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて , 2020 All Rights Reserved.