かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて

【シルクエピルLS5160の口コミ】手にフィットする大きさで使いやすい


ブラウンシルクエピルと保湿

ブラウンのシルクエピルを3年使用しているCさんの口コミを紹介します。電気シェーバーを使ってみた感想から、シルクエピルのメリット・デメリットまでお伺いしました。また最新のシルクエピルについても調べましたのでご覧ください。

【口コミ】シルクエピルの使用歴3年!1週間に1回の頻度でムダ毛処理

年齢は25歳、職業は自営業です。ムダ毛処理は、ブラウン製電気シェーバー「シルク・エピル、レディースシェーバーLS5160」を3年位使用しています。処理する頻度は1週間に1回程度です。夏場になるともう少し処理する頻度が増えます。

シルク・エピルは電池式なので場所を選ばず使用できて持ち運びに便利です。さほど大きくないので、旅行先に持っていって使用することもあります。本体は防水なのでお風呂場でも使えます。

ブラウンの電気シェーバーは当時Amazonのおすすめ商品として記載されており、口コミ評価も良く、値段も手ごろだった為購入に至りました。手にフィットする大きさと形状で使いやすく、色もピンクで可愛らしいデザインが気に入っています

シルク・エピルは、女性の手にもフィットしやすい形状です。ピンクで可愛らしいデザインは年齢に関係なく使えます。

【感想】痛みなく使えるシルクエピル!下から上へ滑らせるだけで使い方簡単

シルクエピル足下から上

ブラウン シルク・エピルは電気シェーバーなので使用中に痛みを感じることはありません。またシルク・エピルのスイッチを入れ、下から上へ電気シェーバーを滑らせるだけなので使い方が簡単です。本体上部にボディ用と足用の切り替えスイッチがあり、足のムダ毛処理だけではなく、脇やお腹周りなど、ボディ全体に使用できます

きちんと剃れていると「ジョリジョリ…」といった音が小さく聞こえます。ブラウン・シルク・エピルの使い方に慣れてくれば、1回1回目視しなくても、シェーバーの動作音だけで剃れているのか分かるようになります。3年位使用していますが、毛穴が広がった、毛量が増えた、毛が濃くなったということはありません。

ブラウン シルク・エピルで剃った後、麗白ハトムギのボディローションでお手入れしています。保湿と一緒にマッサージも行っていますので、足のむくみなどスッキリして非常に調子が良いです。またツルツルとした足は触っても気持ちが良いです。夏場、スカートやワンピースなど足を出すファッションが楽しめるようになりました。

【赤みや痒みなどトラブルなし】シルク・エピルの刃は肌を傷つけない

シルクエピルアップ

ブラウンのシルク・エピルを3年位使用していますが、赤く腫れたり、痒みがでたりといった肌トラブルはほとんどありません。ブラウン シルク・エピルにはトリマーキャップが付属しているため、肌を傷つけずムダ毛処理が行えます。トリマーキャップは取り外し可能なので、部位によって使い分けると良いのでしょうが、私の場合は面倒なので付属品を使わずそのまま剃ってしまうことが多いです。

シルク・エピルを使用する前は、風呂場でカミソリ処理していました。ボディソープで滑らせカミソリ処理していたのですが、赤みが出たりカサカサになるなどの肌トラブルが発生していました。ブラウンのシルク・エピルはカミソリとは違い、刃が直接肌に触れません。カミソリ処理をやめて、ブラウン シルク・エピルにしてからは肌トラブルもなくなりました。

時間がない時はムダ毛処理後にボディローションを使わないことも多々ありますが、それが原因で肌の痒みや腫れといった問題が起こったことはこれまで1度もありません。

シルク・エピルは、トリマーキャップが付属しています。肌を傷つけずムダ毛処理が出来ます。

【ブラウン】シルク・エピルのメリット・デメリット

分解したシルクエピル

ブラウン シルク・エピルのメリット・デメリットをそれぞれ紹介します。

メリット

(1)ムダ毛処理前の準備が不要

シルク・エピルだけではないですが、電気シェーバーはムダ毛処理の事前準備が不要です。ムダ毛の処理をしたいタイミングでパパっと剃れるのが魅力です。家庭用光脱毛の場合は冷却が必要だし、カミソリ処理時のボディソープの泡立てなどがないので楽です。

(2)水洗いOK!お手入れしやすい

水洗いもOKなのでブラウン シルク・エピルの掃除も簡単です。ワンタッチで取り外しができます。強めの水で洗い流す程度ですが、毛やカスなどのちょっとした汚れは簡単にとることができます。

(3)電池式だから場所を選ばず処理できる

ブラウン シルク・エピルには単3電池2本が必要です。コード式ではないため、コンセントの場所を気にする必要もありませんし、完全防水なのでお風呂にも持ち込めます。ムダ毛処理のたびに充電するタイプのシェーバーと比べて、場所を選ばす処理できる電池式のシェーバーの方が自分に向いているなと感じています。

シェーバーを3年使用して電池を取り替えた回数は数える程度です。パワーがなくなってくると音の方も小さくなるので電池を取り換える目安になります

デメリット

(1)こまめなムダ毛処理が必要

カミソリよりも毛が伸びて目立つのが早く、こまめな処理が必要です。ブラウン・シルク・エピルは、カミソリと違うため、根元近く肌ギリギリまで剃ることができません。パッと見た感じはわかりませんが、よく見ると毛が残っているような状態となってしまいます。

(2)動作音が大きい

ブラウン シルク・エピルは動作音が大きいです。静音のシェーバーではないため、気になる方には向いていません。

ブラウンのシルク・エピルは根元まで剃ることができません。こまめにムダ毛処理する必要があります。

最新のシルクエピル(LS5160R)は、深剃りが出来る電気シェーバー

今回はシルク・エピルLS5160の口コミを紹介してきました。ここからは最新のブラウン シルク・エピルLS5160Rについて調べましたのでご覧ください。

  • 価格:1,718円(Amazonで調査)
  • 電池式、単三アルカリ乾電池2本使用
  • 高さ14.3cm×横5.1cm×奥行3.4cm
  • 重さ130g
  • 付属品:スピードシェービングキャップ、トリミングコーム、お掃除ブラシ

 

最新のブラウン・シルク・エピルは、深剃りが出来る電気シェーバーです。深剃りしても肌を傷つけないよう刃の先端は丸くなっています。根元までムダ毛が剃れるので、触り心地はツルツルに仕上がります。

ブラウン シルク・エピルは、Amazonの口コミ評価が高く、その理由の一つとしてスイッチが少なく使い方がとても簡単なことが挙げられます。また電気シェーバーのヘッドがスウィングするため、デコボコした膝などの部位にもフィットします。肌に優しいシルク・エピルは、足や脇だけでなくデリケートゾーンのムダ毛も処理できます

電気シェーバーは完全防水なのでお風呂でも使うことができます。本体は水洗いすることができるので、お手入れも簡単です。肌トラブルにならないためにも、ブラウン シルク・エピルでムダ毛処理した後は、保湿を忘れないようにしましょう。

みさき

両親と3姉妹で仲良く暮らす24歳OL。姉と妹は母に似て毛が薄く、私だけ父の遺伝子を色濃く受け継いでしまい剛毛。姉や妹には剛毛のつらさをわかってもらえず、自分で脱毛情報をリサーチ中!

Copyright© かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて , 2020 All Rights Reserved.