かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて

【娘の今どき脱毛事情】お手入れ失敗談や初めてやったムダ毛処理方法

ガムテープでムダ毛処理

高学年~中学の間は紙のガムテープでムダ毛処理、意外と痛みが少ない(島根県高3・18才)

幼いころから腕や襟足、足の毛が多少多いかなと気にはしていました。体育の時間、半袖半ズボンの時に肌が白いわりに毛の黒さが目立ち、お友達に猿のようだとか、人間っぽくないよとからかわれ始め、悲しい目にあってしまいました。

高学年になってこれではかわいそうというのと、あまり敏感になり性格もおとなしくなってしまうのが心配で、まだ若いので肌の負担がないムダ毛処理をしようと決心しました。

最初は自分で健気に一本一本手で抜いており、宿題もしないで暇さえあれば毛抜きをしていました。脱毛クリームも考えましたが、においがあって時間もいり諦めました。脱毛テープは1回試してみましたが、思ったようには取れませんでした。娘の毛が太かったのでしょう。

娘のムダ毛処理方法はいつも独特、肌が弱いやら強いやら…

抜くとまた太いのが出るとは聞いていますが、とにかくちょっとでも見えるのが嫌な様子でした。結局、ガムテープでさっと大量にとることにし、痛いのは痛いのですが紙のガムテープですると布ガムテープよりは痛みがなく結構もちました。

高校に入り自分で処理する時間も少なくなり、楽なジェルつきのようなカミソリやシェーバーをつかっています。長くはもたないので夏場は今も苦労はしていますが、ヒリヒリしないよう主人の髭剃り用のクリームをうすくつけたり、のびてもすぐそらずハサミで処理できるならなるべくそうして肌を傷めないようにしています。

娘のムダ毛処理方法は独特です。肌荒れもよく起こしていますが、だったらその処理方法どうなの?と心配になることもあります。でも、本人が満足しているので、ムダ毛処理に関しては本人に任せています。

色白でムダ毛が目立つ、高学年から電気シェーバーで週1処理(愛知県大学1年・18才)

娘は産まれた時から毛が多めでした。大きくなった時にムダ毛で悩まないかと心配していましたが、正にその心配が的中しました。娘は小学校の高学年になると、濃いムダ毛を嫌がるようになりました。

娘は色白なのでムダ毛がよく目立ちます。私にも度々、ムダ毛が目立つのがコンプレックスだと言っていました。ある日となりの席の男の子に「〇〇ちゃん僕より毛がたくさんだねー」と言われたらしく、非常に傷ついて泣いて帰宅しました。

男の子は悪気はなかったようですが、女の子の友達ならまだしも、男の子に言われて恥ずかしかったようです。娘からはムダ毛を何とかしてほしいと言われました。そのため、小学校の高学年からムダ毛処理を始めました。

娘の成長が落ち着いた高3受験後から、サロンで全身脱毛を始める

医療機関での脱毛を考えていましたが、まだ成長段階なので今後成長したら再度お金を支払い脱毛が必要になるのではと思い、ある程度娘が成長するまでは電気シェーバーにて週1で処理をしてクリームを塗っていました。

濃くなるか心配でしたが、電気シェーバーはムダ毛が濃くなる事もなく、娘も毛がないのを喜んでいました。娘がある程度成長をして、高校3年生の受験が終わってからサロンで全身脱毛しました。全身脱毛なので行くたびにムダ毛の生えも少なくなり娘もやっとムダ毛から解放されたようです。

カミソリ処理が追い付かず、ガムテープで脱毛するも大失敗(栃木県大学1年・18才)

毛深い夫に似てしまった娘は中学生までは全くしゃれっ気がなく、毛深い事にもそれほど気にしていない様子でした。ところが高校生になって部活に入ると、部活の衣装を着用するために初めて自分の毛深さを意識したようです。

初めはドラッグストアに売っている、ヘッド部分の動くT字剃刀で自力で脇と腕と脚・そして私の手を借りてうなじを剃っていました。そのうちこまめに剃るのが面倒になったことと、カミソリではあっと言う間に次が生えてくる、抜いた方が早いということに気が付いたらしく、ガムテープを両腕・両足に貼り付けて剥がしだしました。

しかしガムテープは痛いだけで思った様には抜けず、更に肌が赤くなってしまうので中止しました。ちなみに脇は1本も抜けなかったそうです(笑)。

ガムテープより痛みがなく、きれいに脱毛できるブラジリアンワックスは素敵

娘に相談された私は、同じ抜くのならブラジリアンワックスの方がいいのではないかと考えて娘を連れて行ったのですが、これが大当たりで一瞬で全身の毛がなくなることに本人も大喜びでした。

痛みはと言えば、さすがはプロで一瞬だけ痛いもののすぐに痛みは引き、最後にはクリームを塗ってもらえるので肌のダメージも少ないようでした。

大学生になり本格的におしゃれも恋もしたい彼女にねだられて、医療脱毛の全身5回コースを契約しました。ゴールデンウィーク中に1回目の施術をしましたが、3週間目からポロポロと気持ちのいいくらい毛が抜けて、嬉しさのあまり涙が出たそうです。

剛毛のため5回ではなくなることはありませんが、人並みの濃さにはなることができ母親として胸をなでおろしています。

小6からシェービングフォームとT字カミソリでムダ毛処理(神奈川県小6・12才)

もうすぐ小学校でプール教室が始まるため、娘のムダ毛処理が始まりました。お父さんのシェービングフォームを使って、Tの字カミソリで剃っています。私は余計ムダ毛が濃くなっちゃうので、やめるように言ったのですが娘は聞きません。

娘はお友達に笑われてしまうと言って、お風呂場で処理をしています。私は娘もそんな年頃になったんだなぁと感じました。風呂から出てくると剃りきれなかったのか、毛抜きを使って抜いています。

小学生からの脱毛に抵抗ありつつも、娘の気持ちを考えムダ毛処理を始める

私は娘の気持ちが良く分かります。実は私も部活でテニスをやっていて、娘と同じようカミソリと毛抜きでせっせとムダ毛処理していました。娘に言われます「ママが毛深いから私も毛深いんだよ。」と。私は申し訳ない気持ちになるのですが、こればかりはどうしようもありません。

小学生のうちからムダ毛処理するのもどうかと思いましたが、小学校最後のプール教室で嫌な思いをさせるのも可哀そうなので致し方ないなぁと思っています。ムダ毛処理がだんだんエスカレートして、中学校になったらもっと違うムダ毛処理法になっていくのかもしれませんね…。

悩んだ末、6才で一度だけ眉毛用電気シェーバーでムダ毛を処理(山口県年長・6才)

年齢だけ見ると早すぎかもしれませんが、娘は産まれたときから、髪の毛や体毛がしっかりありました。赤ちゃん特有の後頭部の髪の毛が抜けたり…といったことはなく、どんどん髪の毛は伸び、眉毛もしっかりくっきりになってきました。

次第に腕や足も誰がどう見てもはっきりムダ毛があるのがわかるくらいです。「毛深い」という言葉が当てはまると思います。肌の色も白く、親の私が見ても毛が濃いな、女の子だしな、気にしだしたらどうしよう…と思っていました。

肌への影響も考え、カミソリは使わず眉毛用電気シェーバーを使用

しかし、だんだん外で遊ぶことも増え、肌が焼けてくるとあまりムダ毛が目立たなくなったので私は気にしなくなってきました。でも5歳(幼稚園年中)の頃から、口周りの毛が目につきます。その頃に、幼稚園のお友達に「なんでKちゃん、毛がはえてるの?」と言われた。と帰ってきました。

本人も「わたし、女の子なのにお父さんみたい、嫌だ」と、洗面台の前に立つたび、お風呂に入るたびに言うようになりました。親の私もこの小さい年齢でお友達に言われたことがショックだったのと、女の子だからいつかはぶつかる悩みだとは思っていましたが、こんなに早くくるとは思いませんでした。

大人であれば、まずはカミソリでとなったと思います。娘はまだ幼稚園生、子どもなので肌に影響がどうでるかわからず、とりあえず眉毛用の電気シェイバーを使い一度だけムダ毛処理しました。

それからはまた処理してほしいと言われていないので、シェイバーは使っていません。しかし、子ども脱毛をうたっているチラシや看板を見かけると、今から色々と調べておかないとと思っています。

脇毛とアンダーヘアが生えてきた高学年からカミソリで剃り始める(兵庫県中1・13才)

娘は春に中学に入学しました。生理はまだ始まっていないのですが、小学高学年から、脇の毛とアンダーヘアは徐々に生えてきています。小学生の頃は脇は夏に水泳があるため、T字カミソリで自己処理していましたが、冬はムダ毛がムダ毛が伸びている自覚もないために、伸び放題だったと思います。

小学生の間はダンスを習っていたため、冬でも半袖のステージ衣装を着る事も多々ありました。でも、本人はまったく気にせず伸び放題のムダ毛が半袖から見えていました。親の私の方がハラハラするほどです。中学生になった今では、夏になる大分前からいつ半袖になってもいいように、ムダ毛処理するようにしています。

2人の娘のことも考え、自宅で気軽に脱毛できるよう家庭用脱毛器を購入

親の私は若い頃に永久脱毛をしていて、今は脇の処理はほとんどしていません。しかし、脇の処理は終わっていても、足や腕のムダ毛は処理していました。そこで自宅にいてもいつでも脱毛できるように、家庭用の脱毛器を購入しました。

子どもが2人とも娘だったというのも購入を後押しする要因だったと思います。娘が脱毛する年頃になったら、自宅でいつでも自分が好きな時に、しかも脱毛費用はかけずに出来ると考えたからです。

中学に上がった娘は先月からT字カミソリで自己処理した後、自宅にある脱毛器を使って脱毛しています。頻繁にはさせていません。1ヶ月ごとに脱毛器を使って処理しています。

カミソリが怖くて自分で剃れない高1の娘、仕方なく私が手伝う(大阪府高1・16才)

夫も私もわりと毛深い方なので、どちらに似ても毛深くなる運命だったうちの娘。中学生くらいまでは本人は気にしておりませんでしたが、高校生になって、まわりの女子力の高い女子たちが足の毛を手入れしているのに触発され、ムダ毛処理をしたがるようになりました。

ところが、敏感な性格というか怖がりというか、カミソリを自分で使うことができないのです。私はカミソリ派なので、気づいたときににさっさと剃ってしまいますが、どうしても怖くてできないと言い、脱毛クリームをわざわざ買ってきて処理をしています。

脱毛クリームではお金がかかり、結局私が娘の脇毛と眉毛を剃ることに

しかし脇の毛となると、しょっちゅう伸びてくるため1,000円前後する脱毛クリームをしょっちゅう買うのも不経済なので、脇は私がカミソリで剃ってやっています。それくらい自分でしてもいい歳なのですが、数日に一回、カミソリを片手に「お母さん、脇剃って」とやってきて、剃っている間中「緊張する、痛くしないで、くすぐったい」と大騒ぎします。

さらに夫に似てまゆ毛も濃く、まぶたの上に余分な毛がいっぱい伸びてくるのでそちらも私がカミソリで処理をしています。まぶたの皮膚はデリケートな部分なので、しょっちゅうカミソリをあてるのもどうかと思い、毛抜きで抜くことをすすめたのですが、それも怖いのだそうです。

一体何歳までこうやって私は娘の脇毛を剃らされるのか…そう思いながら、自分のムダ毛処理もそっちのけで娘のムダ毛処理に精を出しています。

肌の負担も考えて、クルクルこすりながら処理する除毛スポンジを選択(滋賀県中1・13才)

娘がムダ毛処理することになったきっかけは、友達に毛が濃いことを指摘されて、恥ずかしいと言いはじめたからです。親の私もどちらかといえば、毛深く濃くて年頃は悩みました。遺伝なのか、娘も濃いムダ毛を受け継いで悩んでいるので、出来ることはしてあげようと思いました。

スポンジ脱毛は時間がかかるけど、痛みなし♪

処理は、カミソリは自分の体験として、肌を傷つけて毛がますます濃ゆくなるので避けました。そこで、ドラッグストアで売っているスポンジの素材に研磨のような素材がくっついている商品を買いました。

値段は700円ほどでした。研磨のような素材の部分を肌に当てて優しくクルクル回します。決してこすらず、力を入れずにクルクルと優しくなでるようにします。そうすると、痛みも少なく、毛が抜けていきます。痛みはまったくありません。

時間はかかりますが、成長期の娘にはリスクのあるものは避けたいと思っています。自宅でできる脱毛器などもありますが、まずは肌の負担を少ないものにしました。しばらくはクルクルしながら、少しずつ無理なく濃い毛を減らしていき、ゆくゆくは違う形での脱毛を考えています。

修学旅行前に背中のムダ毛も処理するよう勧める(埼玉県大学3年・21才)

娘にムダ毛の処理をするように私から話したのは、中学生になった夏でした。半袖になり、年齢的にもムダ毛が気になるようになり、まずは脇のムダ毛から、夏場は特に忘れずに処理をするように話しました。

ちょうど娘自身、成長と共に徐々に毛深くなっていく事を気にしているタイミングでした。しかし娘は、脇のムダ毛より足や腕のムダ毛の方を気にしていました。

毛抜きやシェーバーを準備し、使用方法を伝え本人に任せました。不慣れな娘はシェーバーで傷が出来てしまったり、毛抜きで挟んで内出血になったりと、肌を傷つけてしまっているようで心配しました。少し早いけど…と、永久脱毛に通わせている娘の同級生のママ友にどんな処置をするのか、中学生の体に負担ではないのか、など脱毛サロンの様子を教えてもらったこともありました。

背中の処理は大学生になっても難しい、今でも傷を作ることも

そんな心配をよそに、増えていくムダ毛は背中にも!本人にストレートに話すとショックを受けるのでは、と伝える事を躊躇していましたが、修学旅行を前に思い切って話す事にしました。

以来、背中のムダ毛もシェーバーで処理している様ですが、背中を上手に自身で処理する事は難しい様で、傷になっているのを見かける事がありましたが、大学3年生になる現在まで積み重ねた技術で、最近は傷になってしまう事もあまりないようです。

口周りの濃い産毛と眉毛を小2から剃り始める(北海道小2・8才)

娘は口周りの産毛がふつうよりも濃いみたいで、定期的に剃ってあげないと黒くなるとまでは行かないのですが、確実に毛が生えているとわかる程度まで目立ってきます。

眉と眉の間も気にして剃ってあげないと、繋がってしまいます。学校で友達に、眉毛繋がってるよと言われたことがあったみたいで、それからは本人もとても気にするようになりました。

除毛クリームとカミソリを併用し、定期的にムダ毛処理

幼いながらに、毛が濃いことが恥ずかしいことだと認識したみたいで、お風呂場で一人で旦那の髭剃りで顔を剃ろうとしているところを目撃した時は正直驚きました。それからは私が気にかけてあげるようになり、定期的に顔そりしてあげたり、今は塗るだけで除毛してくれるクリームも手軽にドラッグストアーで買えたりするので、使ってあげています。

無駄毛って処理すれば処理しただけ濃くなるという噂を聞いたことがあるので、正直今からそんな本格的な無駄毛処理を行って大丈夫なんだろうかと、心配なところもあります。将来的にはサロンのようなところで体毛を薄くするような施術をしてもらおうと考えています。それまでは除毛クリームや私が剃って、処理していきます。

小4で鼻の下の産毛を脱色、6年で脱毛器を使用(東京都中1・12才)

娘のムダ毛が気になり始めたきっかけは、娘がまだ小学校4年生の時です。鼻の下に傷を作っていたので、どうしたのか聞いたところ、鼻の下のうぶ毛が濃いのを気にしてカミソリで自分で処理して傷つけてしまったそうです。

確かに娘の鼻の下のうぶ毛は濃いめでしたが、そんなに気にしていたのかと、親としてショックを受けました。カミソリは危ないから使わない事を約束させ、鼻の下のうぶ毛は脱色してあげる事にしました。

ドラックストアに行き、ムダ毛専用の脱色ブリーチを購入し、自宅で娘の鼻の下に塗り、5分ほど脱色し、洗い流しました。結果、うぶ毛は金色で目立ちにくくなり、娘は喜びました。

将来は娘も使うと見越し、高い家庭用脱毛器を購入済だった

それから娘が6年生になり、脇毛が生えてくるようになりました。バスルームにこもって毛抜きで抜いていたので、私が所有している脱毛器で脱毛してあげる事にしました。この脱毛器は、私が欲しくて購入したものですが、娘も将来使えるな、と見越して購入していたものです。

前日までに毛を剃り、脇に脱毛器のフラッシュをあてるだけなので痛くないですし、簡単に自宅で脱毛ができます。娘のムダ毛の悩みは家庭用脱毛器で解消されました。足や腕のムダ毛にも脱毛器で綺麗にでき、年頃の娘も喜んでいるので、高くても脱毛器を購入していてよかったと思います。

小学生のうちは私が顔用電気シェーバーで娘のムダ毛を処理(新潟県小6・11才)

赤ちゃんの頃から毛深く、保育園の時から良くからかわれていたようでした。でも、あまり本人も気にしていなかったようだし、大きくなったらムダ毛も薄くなるだろうと特に心配はしていませんでした。

ところが小学3年生のプールの授業中に、同じクラスの男の子から「お前背中毛深いなぁ。」と言われたようで、帰ってくると「A君に背中毛深いって笑われた。もうプールに入りたくない。」と号泣してしまいました。

それから背中だけでなく口の周りの産毛、オデコの産毛、眉毛、すね毛が気にするようになり、最初はまだ早いと思いごまかしていましたが、あまりにも気にするので小学3年の夏くらいから剃るようになりました。

眉毛の手入れを本人が一度だけチャレンジ、結果は眉半分なくなる

とりあえず今はまだ剛毛というよりも産毛が密集している感じなので、口の周りと眉毛だけ、すね毛は気になり始めたら剃りプールの時期だけ背中を剃っています。なんとなくまだT字のカミソリは肌に悪そうだし産毛なので電動の脱毛器も早い気がしてしまい、全部顔用の電気シェーバーで剃っています。

体は大丈夫なのですが、顔は肌が弱いのか剃った後痒がるので化粧水で整えています。一度自分でやり眉毛が片方半分なくなったので、まだ私が剃ってあげていますが、中学生になると自分でやると今から言っています。

肌が弱い娘はカミソリで痒みを発症、除毛スポンジに切り替える(千葉県小6・12才)

私ゆずりで全身の毛がかなり多い娘。私も昔毛深くて悩みましたが、娘はそれ以上にひどく悩んでいます。さらに娘は赤ちゃんの頃にアトピーだったこともあり、現在も肌は弱い方です。

そのため、まだ無駄毛処理には手を出さないでおこうと思っていました。しかし、ある日娘が、「学校で隣の子に、なんでそんなに毛深いのって笑われた」と相談してきました。娘もかなり傷ついていたので、さすがにもう処理しなけらばならないなとその時に思いました。

毛の流れに逆らった「逆剃り」じゃないと上手にムダ毛処理できない

さっそくカミソリで処理してみようと、私のもので剃ってみました。ところが、私自身もそうなんですが、カミソリだと逆剃りしないとなかなかキレイに剃れないのです。ただ娘は肌が弱いので、毛に逆らうと肌を痛めます。

仕方なくその日残った毛はそのままで、様子をみることにしました。翌日、剃ったところに異常はなかったのですが、娘はすこし痒みがあると言いました。普段から乾燥で痒みはある子なので、使っている保湿クリームを塗らせました。

やっぱり何かほかに方法はないかと探すと、肌に優しいこするタイプのものを見つけました。くるくると肌にこするだけで除毛できるというもので、試してみると除毛効果は薄かったものの、軽くカミソリで剃ったところはだいぶキレイになりました。

娘はツルツルとは言えずとも、延びっぱなしだった無駄毛がきれいになり喜んでいます。肌に負担が少ないので私も安心して今でも使わせています。

親子でムダ毛処理法を検索、除毛クリームは香りも仕上がりも大満足(三重県小6・12才)

そろそろお年頃なのか随分ませてきて、どこまで見守ったらいいか。難しい時期になってきました。学校に好きな男の子でもできたのでしょうか、周りのお友達に好きな人がいても、私は興味ないと言っていた子が変わり出しました。

カミソリ負けを危惧し、ネットの口コミで見つけた除毛クリームを使用

全くといって良いほど気にしてなかった身だしなみも、朝は鏡の前に立っている時間が長くなりました。母としては嬉しいところです。そんなある日、ドラッグストアに行くと娘が「体育の時間に足の毛が見えることが恥ずかしいから、カミソリ買ってほしい」といいました。

気持ちは分かります。私も年頃になると脱毛テープをしたり、脱色したりしましたから。でもカミソリには少しだけ抵抗がありました。今は安全ガードがついている物がほとんどでしょうが、もしカミソリ負けでもしたら痛いだろうし、娘はもともと少し乾燥肌なので肌も痛むだろうし、毛も今より濃くなるんじゃないか。

そこで一旦保留にして、帰宅後娘と一緒にネット検索しました。今はたくさん良いものが出てますね。私達親子の目に止まったのは除毛クリームです。たくさんありますが、口コミが良く、除毛と同時に潤いも与えるものを選びました。早速使うと香りも良く、娘の足がツルツルになりました。学校でも友達にチクチクしないことを褒められてお勧めしたそうです。

カミソリでは間に合わず、お年玉で脱毛器を購入した娘(埼玉県中2・14才)

中学校に上がったくらいから、見慣れないピンク色のカミソリが洗面台の下の収納に置いてあるのを見かけるようになりました。「年頃になったのかなぁ」と少し嬉しく少し寂しく思っていました。

娘が「お母さんは何でムダ毛剃ってるの?使ってるところ見た事ないよ」と言ってきました。私自身は20代の頃に全身脱毛を行っているので、自己処理はしていません。その事を娘に話したらとても羨ましがり、私もやりたいと言われて困りました。

脱毛器で肌トラブル発生、中学生だからムダ毛処理はほどほどにね

「大人になったらね」と説明したのですが、待てなかったようです。しばらくカミソリを使用していたみたいですが、祖父母に貰ったお年玉で脱毛器を購入したようでモーターの音が部屋からよく聞こえます。

仲良くしているお友達のお母さんにも聞いたところ、やはりクラスの中でムダ毛の話題が出るらしくみんなカミソリや脱毛器具を使用しているようです。しかし、娘は肌があまり強くないので、やり過ぎて赤くなってしまったりブツブツと肌荒れが起きてしまったりしたので、病院に何回か行っています。

病院でも、まだ中学生なんだから刺激のある行為は避けたほうが良いと言われているのですが、やめずに続けているようです。親として病院で言われているように中学生なんだからほどほどにして欲しいと思っています。


スポンサーリンク

みさき

両親と3姉妹で仲良く暮らす24歳OL。姉と妹は母に似て毛が薄く、私だけ父の遺伝子を色濃く受け継いでしまい剛毛。姉や妹には剛毛のつらさをわかってもらえず、自分で脱毛情報をリサーチ中!

Copyright© かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて , 2020 All Rights Reserved.