かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて

レイボーテRフラッシュを使ってみた感想、カミソリと違いチクチク感なく大満足

スポンサーリンク

レイボーテRフラッシュ下半身40歳、エステティシャンです。ヤーマンのレイボーテRフラッシュを使っています。楽天で4万5,936円で購入しました。

スポンサーリンク

レイボーテRフラッシュは脱毛ケアだけでなく、顔トリートメントもできる

ヤーマン、レイボーテRフラッシュは以前から友人が脱毛ケアももちろんですが、顔のフラッシュトリートメントが出来て良いと言っていたので私も価格や機能などを照らし合わせながらずっと購入を迷っていました。

そんな時、別の友人に1泊2日の温泉旅行に誘われました。友人とは言え、前に同じサロンで勤めていた子なので、そこまで気心知れてるというほどでもなく「ムダ毛問題とか気を抜けないない」と思ったのです。

それで、ちょっとお高くはあったのですが、以前から迷っていたヤーマンのレイボーテRフラッシュの購入を決めました。

【感想】0.2秒の高速連射が購入の決め手に、プロ仕様のものよりも優秀

多々ある家庭用フラッシュ脱毛器の中からレイボーテRフラッシュに決めたのは、友人が使っていたという事もありますが、何より高速連射ができるという事。家庭用だというのに、なんと0.2秒の連射が可能なのです。

他のフラッシュ脱毛器も連射ができるように進化しているものもありますが、肌の上を滑らすだけで光の照射がしっかり着いて来てくれるのはレイボーテRフラッシュ以外なかなかありません。

安いものだと、一回照射したあと3秒待ってから次の照射というものもある中、肌の上を滑らすだけで0.2秒の高速照射ができるというのは、エステティシャンの私からしてもかなりの優秀さだと感じました。プロ仕様のものでも稀に照射後1~2秒待つという機械もあるので。

【使ってみた感想】痛みも少なく、高速連射だから脱毛する時間の短縮になる

私は、主に脚、腕、ワキ、顔の脱毛ケアと顔のフラッシュトリートメントに使っています。照射する前にしっかりムダ毛を剃ってレイボーテRフラッシュの照射口を押し当てながら、脚や腕は滑らすように動かしていきます。

すると勝手に発光してムダ毛をケアしてくれます。ローラーモードにすると脚や腕のケアができて、グリップを倒すだけでシングルボディモードというモードに変わり、面でケアできます。

なので、ワキや顔の脱毛ケアをする時は、グリップを倒して面で当てていきます。照射後は化粧水や保湿ジェルなんかを塗るだけで、かなりキレイに仕上がります。最初は1週間ほどでチクチクした毛が少し生えてきましたが、その範囲はまばらで毛量は少ないです。

また、そのチクチク加減も剃っただけのケアとは断然鋭さが違います。使ってみた感想としては、ジョリッと感はほとんどありません。私の場合は脚、腕、ワキは2週間に1回、顔は気が向いた時だけですが、ホントに毛の元気が無くなっていくのがわかります。

ケア時間も脚なら両脚で15分かからないくらい、腕なら10分もかかりません。ワキならほんの1~2分で終わってしまいます。とにかく高速連射できるのでケア時間はかなり短縮できます。フラッシュが当たる際の痛みもわずかです。

レイボーテのフラッシュは1万発、カートリッジの交換がコスパ的に考えもの

私は医療機関でワキのフラッシュ脱毛をした経験がありますが、輪ゴムを強く弾じかれるような痛みがイヤで途中でやめてしまったほどです。でもレイボーテRフラッシュを使ってみたら、強い痛みもなく家庭で安心してケアができるので続いています。

ただ、コンセントを使用するタイプなので途中でパワーが弱まる心配はありません。しかしフラッシュ1万発を使ったらカートリッジを交換しなければいけないのがコスパ的に少々気になるところ。カートリッジは1個6,700円ほどです。

でも自宅でいつでも永遠にフラッシュ脱毛できるというメリットは、私の場合はカートリッジ交換の手間を大きく上回ります。これでコマメにケアしているので、突然の温泉旅行も海もプールも安心です。

スポンサーリンク
みさき

両親と3姉妹で仲良く暮らす24歳OL。姉と妹は母に似て毛が薄く、私だけ父の遺伝子を色濃く受け継いでしまい剛毛。姉や妹には剛毛のつらさをわかってもらえず、自分で脱毛情報をリサーチ中!

Copyright© かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて , 2020 All Rights Reserved.