かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて

【ケノンの感想】脱毛サロンと比較して分かったケノンのメリット(口コミ体験談)


ケノンチャコペン画像

サロンでの全身脱毛に満足できず、その後家庭用脱毛器ケノンを購入したCさん。どちらも体験した結果、Cさんはケノンの良さを実感しました。脱毛効果やコスト面、便利さ等について、ケノンとサロンを比較した感想をご紹介します。

【エステサロンの効果なし】口コミで人気のケノンを試してみた

ケノンハンドピース

ケノン使用歴2年の現在26歳主婦です。ケノン購入以前はエステサロンで6回コースの全身脱毛を受けていました。

サロンでの効果が中途半端でポツポツ毛が生えてくる状態でしたので、もう少し毛の処理を楽にしたいと思い、脱毛を続けることにしました。ただ、エステサロンで全身脱毛6回コース30万円を払ったわりには、効果があまり出なかったなと後悔したので、もうこれ以上高いお金を払えないと思い、エステサロンでの脱毛は諦めました。

そこで値段がリーズナブルな家庭用脱毛器で脱毛を試してみようと決めました。ケノンは家庭用脱毛器をいろいろ比較した中では正直値段は高い方でした。ただ、楽天市場のランキングでいつも1位の売り上げになっており、非常に人気商品の上、口コミも豊富で友達も使用していてオススメをされたので購入に至りました。

【ケノンを使ってみた】レベル10でも足の毛なら痛みは少ない

ケノン足照射

ケノン購入当初は2週間に1度の頻度で足は脱毛をしていました。脱毛の方法ですが、まずケノンと保冷剤とチャコペンを用意します。

チャコペンは脱毛部分の足を裏、表で分けて脱毛するのでどこまで脱毛をしたかわからなくならないように境界線を書くために使用しています。(チャコペンはなくても大丈夫です。)

コードに繋ぐとすぐ使用可能なので、電源を入れます。照射レベルが1~10まであるのですが私はレベル10に設定して使用しています。脇毛やVラインなどの濃い毛を脱毛する時はレベル10だと痛いかもしれませんが、足の毛程度ならレベル10でもあまり痛くないので大丈夫です。

保冷剤で照射しようとしている部分を10秒程冷やします。その後機械を照射部分に当ててボタンを押すと、まぶしい光が出るので、これでその部分の照射は完了します。
この工程を繰り返して脱毛箇所を照射をします。

1回1回保冷剤で冷やしてから、機械を当ててと少し手間が掛かりますが、この保冷剤で冷やすというのをしないと痛みが出たり、やけどをしたりするので、保冷剤の使用は必須です。

【効果比較】サロン脱毛時は自己処理が必要、ケノンは必要なし

ケノン効果画像

ケノン使用後は1週間程で毛がスルスルと抜けていきます。抜けていく感覚がとてもおもしろく、自分でも毛をつまむと全然力を入れなくても抜けていくので効果を目で見て実感することが出来ます。

その1週間後にはうっすらと生え始めてきている毛があるので、その毛がいっぱい生えてこないうちに脱毛をしていました。ここで脱毛をしなくても目立った毛が生えてくるわけではないのですが、少しでも早く毛を薄くしたいので私は頻繁にケノンを使用して脱毛を行っていました。

段々と回数を重ねていくと毛が生えてくるのも遅くなるので、手入れをするのが楽になります。エステサロンの脱毛に通っていた頃はカミソリも併用していたのですが、ケノンに変えてからはカミソリで処理しなくても良いくらいの毛の薄さになりました。

ケノンがサロンよりも良い点は?比較して分かったこと

ケノンと脱毛サロンを細かく比較して感じたことを挙げてみます。

ケノンなら、打ち漏れ箇所を自分で再び照射できる

エステサロンで脱毛をしていた時は、施術のスタッフによって打ち漏れが発生してなかなか薄くならない場所がありました。ケノンの場合は、もし打ち漏れしてしまって毛が抜けなかった箇所があったとしても、次回に例えば2回自分で照射するなどすれば、毛もしっかり抜けます。ケノンなら自分で全体的にきれいにすることが出来るので便利です。

ケノンなら、お金をかけずに好きなだけ脱毛できる

私はエステサロン脱毛に高い料金を払っていたのですが、忙しく生活していたので急な都合でキャンセルをしなくてはいけなくなることがありました。その時はキャンセル料金が掛かったり、施術が1回減ってしまったりと、サロンは融通が利かないと思いました。

30万も払っているのに、それ以上に余計なお金が掛かってしまったり、予約が取りづらくそのために予定を空けたりしなくてはならないので、定期的に通うのが大変でした。

それと比較しても、ケノンは好きな時間に好きな場所を好きなだけ施術出来ます。家庭用脱毛器は忙しく生活している人にぴったりです。

ケノンの痛みはサロンと同等レベルで我慢できる範囲

普段の照射時の痛みですが、ほとんど痛みは感じません。たまに濃い毛があったりすると少しチクっとする程度で我慢できる痛みです。エステの脱毛とケノンを比較しても痛みは同じくらいで、安心して使用しています。

ケノンは使い方次第で危険!照射時はやけど防止のためしっかり冷やす

ケノン照射口

ケノンを使用していて1度だけ、軽くやけどをして赤くなった時がありました。それは膝の毛の濃い部分を照射した時でした。濃い毛に当てると少し痛みを感じるのは普段でもありますが、保冷剤での冷やすのをきっちりしていなかったためその痛みはかなりのものになり、毛穴が赤く炎症を起こしてしまいました。

その後、慌てて保冷剤で5分程冷やした後、ボディクリームをしっかり塗りこみ保湿をしたところ、次の日に毛穴の炎症は治ってたのでよかったです。それからは、ちゃんと1回1回の照射の度に保冷剤で冷やしているので毛穴が炎症を起こしたことはないです。

ケノン最大のメリットは、一度買えば毛が生えるタイミングで脱毛できる点

現在ケノンを使用するのは3ヶ月に1度程度で、もう全体的には毛が生えてこないくらいなので、部分的にうっすら生えている毛に照射しています。ですので、時間もそれほど掛からないので楽に脱毛出来ています。

いつも肌がつるつるなので、夫にもなんでこんなにつるつるなの?と言われてとっても嬉しいです。これから先、出産で毛が濃くなったりすると言われているので、その時にはまたケノンを使用して脱毛が出来ます。期間にとらわれることなく毛の生え具合に合わせた使用ができるので、ケノンでいつまでもつるつるな肌を保っていきたいです。

【ケノンと脱毛サロン比較】体験して分かったケノンのメリットまとめ

Cさんは脱毛サロンとケノンを比較して、ケノンの方が良かったと感想を述べています。Cさんが感じたケノンのメリットを以下にまとめました。

【脱毛効果の比較】
脱毛サロン……通っている間もカミソリで自己処理が必要だった
 ↓
ケノン……カミソリを使う必要がなくなった

【コスト(料金)面の比較】
脱毛サロン……30万円も払ったのに効果がイマイチ。キャンセル料も発生する
 ↓
ケノン……
サロンと比べて値段が安く済む

【打ち漏れ対応の比較】
脱毛サロン……スタッフによって打ち漏れがあるが、次の施術までそのまま
 ↓
ケノン……
打ち漏れがあっても、すぐに自分で処理できる

【便利さの比較】
脱毛サロン……予約が取りづらく、融通が利かない
 ↓
ケノン……好きな時間に好きな場所を好きなだけ脱毛できる

以上からも分かるように、ケノンと脱毛サロンを比較してもケノンのメリットが多く、「脱毛サロンよりも良かった」というCさんの結論にも納得です。ムダ毛は完全になくなることはなく一生付き合っていくもので、現在はある程度脱毛が完了しているCさんも「また生えてきたタイミングでケノンを使いたい」とおっしゃっています。ケノンは一度買えば使いたい時に好きなだけ使えるので、長い目で見ても重宝する家庭用脱毛器です。

みさき

両親と3姉妹で仲良く暮らす24歳OL。姉と妹は母に似て毛が薄く、私だけ父の遺伝子を色濃く受け継いでしまい剛毛。姉や妹には剛毛のつらさをわかってもらえず、自分で脱毛情報をリサーチ中!

Copyright© かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて , 2021 All Rights Reserved.