かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて

【ケノンを2ヶ月半で5回照射】使い心地と脱毛効果を正直にレビュー


評判がよくて購入した『ケノン』ですが、2か月半使ってきた私が正直な評価をお伝えします。

・痛みについて
骨の上を照射したり、毛が濃い部分を照射すると少し痛みをともなうこともありますが基本的にはほとんど痛みを感じません。体調によって(生理など)痛みを感じることがあるので家庭用脱毛器を初めて使われる方は徐々に照射レベルをあげて使用されることをおすすめいたします。

・照射面積 
エクストララージカートリッジで9.25cm2。家庭用脱毛器の中ではかなり広めです。

・値段 
家電量販店で買える光脱毛器とくらべると比較的高いと感じるかもしれません。

・効果 
照射3回目を過ぎたあたりから新しい毛がほとんど生えてこなくなりました。4回目の照射後では肌にツヤが出て、キレイに見えるようになりました。

・使いやすさ 
コードレスではないので電源のある場所でしか使用できません。

・保障
本体の保証は1年間とやや短めですが有償で延長保証サービスに入れます。故障の内容によって、保証プランも変わってきますのでよく検討の上、加入してください。ちなみに私は入りませんでした。

総評
一般的な家庭用脱毛器の価格と比べ確かに高いのですが、効果を考えると決して高くない買い物だと思いました。こちらがこの効果です。
→ケノンの購入はこちらから


上はケノン照射前の私のすねです。ケノンを照射するために、長いムダ毛は既に処理してありますが、短い毛や毛穴が目立ちます。下がケノンを5回照射した後の私のすねです。ムダ毛は細くて弱々しく、毛穴も目立たなくなっています


毛穴が目立たなくなってきたのが写真ですと一目瞭然ですね。脱毛器ケノンの取扱説明書には、効果を感じられるまでに4~5回の照射が必要と書いてあります。そこで、4月13日から6月13日まで、2ヶ月かけて5回照射してみました。ケノン脱毛前と、5回照射してから2週間後の写真を比較して行きます。

ケノン開封時の感想と、フィリップス「ルメアプレステージ」との比較

わたしの自己紹介ですが、秘書として働くアラサー女子です。仕事柄、身なりには気を使っていますし、脱毛にも興味はありますが、脱毛サロンや美容皮膚科に通う時間がありません。高そうなので費用面でも不安で、一歩踏み出せずにいました。

そんな時、家電量販店でフィリップスの光脱毛器「ルメアプレステージ」を見つけて購入。半年ほど使ってみましたが、毛が薄くなりつつもムダ毛はしっかり生えてくるので、家庭用脱毛器はこんなものかと思ってました。

でも、その後口コミで評価が非常に高い商品「Ke-non(ケノン)」と出会い、今度はネットで購入してみました。ルメアプレステージとの違いもレビューしていきます

商品が到着しました。大人かわいい感じのパッケージです。
開封します。何色にするか悩んだのですが、やっぱりシャインピンクにしてよかったです。かわいらしい色です。ケノンは他にも、パールホワイト・シャンパンゴールド・ブラック艶消しがあり、全部で4色から選べます。
フィリップスのルメアプレステージと比べると、「なんかごつい…」という印象を持ちました。私が以前使っていたルメアプレステージは、旅先に持っていけるほど小さい構造をしています。また、コードレスなので使う場所を選びませんでした。
照射する時に持つハンドピースはルメアプレステージより小さくて軽いですが、コードでつながった本体がごつくて重さもあります。私のスマホ(Xperia)と比べて、こんな感じです。
ケノン本体にはハンドピースだけでなく、まゆ毛脱毛器もコードでつながっています。ケノンはコンセントにつないだ状態で脱毛しますから、やっぱり光の威力が違うのでしょうか?ルメアプレステージには付属していなかったサングラスまで同梱されているからきっとすごい威力なのだろうと、私は期待に胸を膨らませるのでした。

ケノン照射前の準備:ムダ毛処理は前日に

ケノンを照射する前に、ムダ毛をある程度処理しておく必要があります。照射する光が、ムダ毛に含まれるメラニンという黒い成分に反応するからです。取扱い説明書には、照射テストをするように書かれていましたが、私はルメアプレステージで半年間脱毛していましたので、照射テストはしませんでした。

初めて光照射をする方は、レベル1で目立たない部位を照射し、水疱やただれがないか確認してください。私は肌への照射テストを省略したので、ケノン脱毛の前に準備したことは以下の3点です。

  • 同封の保冷剤を冷凍庫で冷やす(到着日に)
  • ムダ毛の処理(前日に)
  • コードをつないで、サングラスを装着

取扱説明書に、ムダ毛の処理は前日に行うよう書いてあったので、私は前日の入浴時にカミソリで処理しました。お風呂上がりには、保湿しておきました。ケノン照射前には、ローションやクリームは使用しないように、とも書いてあるので、ムダ毛処理と保湿は前日に済ませておきます。

ケノンの付属品

照射レビューの前に、付属品を紹介しておきます。

  • ラージカートリッジ(ハンドピースに付属分)×1
  • スリムカートリッジ(別箱)×1
  • スキンケアカートリッジ(別箱)×1
  • 専用ゴーグル×1
  • クーリングパック×2

本体とコードでつながっているハンドピースには、ラージカートリッジが取り付けてあり、電源を入れればすぐに照射できるようになっていました。カートリッジとは、ハンドピースに取り付ける消耗品です。といっても、たくさん照射できますので、当分変える必要はありません。

ケノンは照射レベルを1~10まで調節できるのですが、ラージカートリッジはレベル1で5万発レベル10でも1万発照射できます。ラージカートリッジとスリムカートリッジの違いは、照射面積です。また、スキンケアカートリッジを取り付けることで、ケノンは美顔器としても使えます。

ケノンの購入はこちらから

【照射1回目】:光パワーに圧倒されながら照射

日時・所要時間 4月13日 1時間
使用カートリッジラージ
モード/連射設定手動→自動/1,3,6連射
すねレベル4~7/両足60回
ふくらはぎレベル7/両足60回
レベル7/両足30回
太ももレベル7/両足60回
脱毛の順番すね→ふくらはぎ→膝・膝下→太もも

初めてのケノン体験にドキドキしながら、コードをつなぎ、サングラスをかけて脱毛部位を冷やします。最初は膝や膝下など、毛がまだ濃く残っている部分を保冷剤で冷やしていましたが、途中から早くも面倒になってしまい(汗)、すね・ふくらはぎ・太ももは冷やしませんでした。

冷風のようなものが照射付近に出るように設計されているのか、なんとも言えない気持ちいい風が伝わってきます。ウィーンという動作音がしますが、慣れたら気にならなくなりました。ルメアプレステージに比べて、ハンドピースが軽いので手が疲れません。

恐怖を感じるほどの光パワー

実際に施術してみると、光(フラッシュ)が強くてびっくりしました。ルメアプレステージとの違いは歴然です。天と地との差といったら大げさかもしれませんが、本当に違います。初めての脱毛器使用だったら、痛みや恐怖感でレベル7まであげることができなかったと思います。

恐怖を感じたのは、液晶画面に表示された「注意!」を見た時です。私はレベル4から始めて、「注意!」を見てもがんばってひるまないようにしてレベルを上げ、痛みを感じなかったレベル7でもくもくと照射を続けました。小心者の人は、少しずつレベルを上げて照射力を調整した方がいいと思います。

すねやふくらはぎ、太ももは冷やさずとも特に痛みは感じませんでしたが、膝・膝下の毛が濃い部位は少し痛みがあり、赤くなりました。やはり、照射力が強いのだと感じました。もともと敏感肌ですが、ルメアプレステージをMAXレベルで使用していたのである程度は皮膚が慣れたと思っていましたが、そうでもなかったみたいです。

痛みの度合いを部位別に書き留めておきます。

すね:レベル7位で熱を感じるようになり、骨の上は少し痛みを感じる。膝下は痛みがなく、足首に近づくと少し痛みを感じるように。

ふくらはぎ:ムダ毛が薄いせいか、熱は感じるものの痛みはほとんど感じない。

: 6連射にすると痛みが少し出るけど、我慢できる程度。埋もれ毛に強く反応している感じがする。

太もも:熱を感じるだけで、皮膚へ刺激はない。

照射モードと連続ショットの設定ができる

ケノンには、自分で照射ボタンを押す手動照射モードと、ハンドピースを肌に密着させると自動で照射される自動照射モードがあります。また、連続ショットの設定もでき、1連射、3連射、6連射から選べます。

肌に当たっていないと照射されない

ルメアプレステージは、角度などで安全にショットができると判断されない場合は照射できないようになっていました。ケノンにもこのようなセーフティー機能があるのですが、ルメアプレステージに比べると、手動照射モードで照射ボタンを押すと、バチバチ光をばらまく感じがしました。

自動照射モードにすると、ボタンを押す手間が省けるので非常に楽です。どんどん、照射できます。自動照射モードで、さらに連続ショットにすると、非常に速いリズムで照射できます。ですが、そのリズムで肌を滑らせないといけないので少し忙しいかなという感じもしました。脱毛する人の好みによります。

最初は1連射でしたが、慣れてきたら膝とすねで3連射と6連射も試してみました。膝で6連射しているときに、少し痛みが出ました。

コードレスでないのはデメリットだけど、ハンドピースが軽くて光が強力

一点残念に感じたのは、脱毛できる場所が限られることです。やはり、強力な光を照射するために電源が必要なのか、どこでも脱毛できるわけではありません。ルメアプレステージがコードレスだったので、余計にそう感じるだけかもしれませんが、そこが私にとってはネックかな?と思ってしまいました。

ただ、コードレスではない不便さはありますが、ハンドピースが軽いので腕が疲れることもなく照射が楽チンです。コードの長さを測ったら1メートルありましたので、お尻の横にでも本体をおいておけば、足先や脇には届く長さはあります。
ケノンは、照射パワーを充電している時間があるので待機時間が少しあります。ですが、多少不便に感じたとしても気にならない程の効果が期待できると感じました。初めてのケノン照射を終えた感想は、家庭脱毛器ならケノンの右に出るものはいないと思える体験でした。カートリッジに汚れがついていたので、ティッシュで拭きました。
ケノンの購入はこちらから

【照射1回目から9日後】:ムダ毛の生えるスピードが遅くなる


初めてのケノン照射後、毛の生えてくるスピードが遅くなったと感じました。また、膝周りの毛がほとんど生えてこなかったことにも驚きです。

幾分、全体の毛量も少なくなってきた気がします。また、毛根がダメージを負ったせいか、生えてきた毛は弱々しい毛になってきました。
上が4月12日に撮影した右膝で下が6月1日に撮影したものです。以前よりも若干ですが毛穴が引き締まったかな、と思えるようになりました。特に感じた部位は、すねの骨の上のラインです

【照射2回目】:照射レベル10&生理前のデリケートな状態で赤く炎症

日時・所要時間4月22日 1時間
使用カートリッジラージ
モード/連射設定手動→自動/1,6連射
すねレベル9~10/右37回・左45回
ふくらはぎレベル9/右16回・左19回
レベル7/右30回・左30回
太ももレベル7/右43回・左41回
脱毛の順番太もも→膝周辺→すね→ふくらはぎ

ケノン脱毛2回目になると、最初は不便に感じていたセットも慣れてきました。と言っても、電源コードを本体とコンセントに繋ぐだけの作業です。普段、コードレス脱毛器に慣れていた私だから、少し面倒だと感じたのかもしれません。

レベル7から照射を始めましたが、痛みや熱を特に感じることがなかったので毛の生えやすい部分にはレベル9と10を試してみました。さすがに、レベル10は照射力が強かったためか、ゴムを弾いたような感覚がありました。照射後、痛みを感じたすねの部分がじんじんとして、所々赤みを帯びてきましたが、30分ほどで赤みはひきました。

赤みを帯びた原因は、照射レベル10にしたことだけではない気もします。というのも、ケノン照射2回目をした日は、生理前でした。生理前の肌は非常にデリケートです。今回は、痛みを感じやすかったり、赤みが出やすかったのだと思います。肌の弱い人は、生理前の照射は避けた方がいいでしょう。

太ももは、外側より内側の方が熱を感じました。痛みは特にありません。膝も痛みは感じませんでしたが、内側が少しぴりっと熱を感じました。

赤くなってしまったところには、ドルマイシンという炎症を抑える効果のある軟膏を塗っておきました。ケガややけど、湿疹にも使える軟膏で、薬局で売っています。乾燥が気になる部分の保湿には、保湿力が高いニュートロジーナを使っています。
ケノンの購入はこちらから

【照射2回目から14日後】:ムダ毛が生えにくくなる

細い毛が生えてきた左のすね

2回目のケノン照射を終えてから、まず感じたのが毛が生えにくくなった、ということです。照射前は、太い毛が10日も経たないうちに生えそろってきました。ですが、2度目の照射後は、10日経っても太い毛は生えてきません。細くなった毛が生えてました。
2回目のケノン照射から2週間経った頃、3回目の照射をする前に肌のチェックをしました。肌の状態は、以前より毛穴が目立たなくなったのかな?といった感じです。毛の状態は、細い毛が3~4㎜ほどの長さになっていました。毛を少し指で触ってみるとポロっと落ちることがあります。

ケノンの効果がでて、脱毛が上手くいっている証拠です。ケノンが毛根にしっかりとアプローチが出来ているので毛根ごと毛が抜けたということです。光脱毛中は、毛を抜く行為は禁止されています。

それは、ダメージを受けた毛根自体が抜けきらないと、脱毛したことにならないからです。ただ、弱っているだけの毛を抜いても毛は再び生えてきてしまいます。

ですので、自然と抜け落ちるまで時間が必要ですし、無理に抜いてはいけません。そこで、2回目の照射から2週間+3日様子をみることにしました。写真では分かりづらいと思いますが、案の定自然と毛が抜けて、ところどころ毛がない状態になりました。

【照射3回目】:手動照射モードで二度打ちなく丁寧に

日時・所要時間5月9日/40分
使用カートリッジラージ
モード/連射設定手動/1連射
すねレベル9/左右24回ずつ
ふくらはぎレベル9/左右24回ずつ
レベル7/左右16回ずつ
太ももレベル7/左右18回ずつ
脱毛の順番すね→ふくらはぎ→膝→膝下→太もも(前)

少し赤くなってしまった膝周り

3回目の脱毛では、シェービングをしてから2時間後くらいに施術をしました。今回も肌が乾燥していたためか、あるいは取説に従わず前日ではなく2時間前に剃ったためか、赤くなってしまったり、ひりひりする部位がありました。前回と同様に、赤くなった場所にはドルマイシンを塗って対処しました。

30分ほどで、痛みや赤みは和らぎました。跡に残ることもないので心配には及びません。肌が乾燥していると、脱毛中の痛みも強くなります。前回に比べて、ぴりっと痛みを感じることが多かったです。特に膝まわりや、ふくらはぎの後ろ辺り、太ももの内側は熱と痛みを感じました。

今回は全て手動照射モード&1連射の設定で照射しました。自動照射モードだと、思いの外照射部位が重なってしまって肌にダメージを与えていたからです。私のように肌が敏感で乾燥している方は、手動照射モードで1回ずつ慎重に照射を重ねた方がいいです。

手動照射モードで前回よりも慎重に照射したので、二度打ちした部位はありませんでした。そのため、赤くなる範囲も少しで済みましたし、以前赤みが出てしまったすねの部分に赤みは出ませんでした

照射した部分が跡に残る

太もも裏やふくらはぎ裏は照射しにくい部位なので、協力者がいると抜かりなく脱毛が楽しめると思います。今回は足がむくんでいたためか、照射した部位が肌に残ったので、重ね打ちすることもなく、照射しやすかったです。

カートリッジを掃除しながら脱毛した方がいいかも

今回もカートリッジがだいぶ汚れてしまいました。今回の汚れは、以前にも増してカートリッジに付着しました。脱毛後にカートリッジについた汚れを掃除しようとしたのですが、白いフレームについた汚れがなかなか落ちずに苦労しました。

脱毛中は、部位が終わるごとにカートリッジの掃除をしないといけないと感じました。というのも、汚れが付着したまま照射することで、汚れがより頑固になってしまうからです。フラッシュ面の掃除は簡単でも周りの白いフレームの部分の汚れは中々落ちません。

脱毛前のシェービングも大切です。処理が不十分だと、カートリッジに焼けた毛が付着して汚れにつながってしまうからです。それに、フラッシュ面が汚れているとうまく肌に光を照射できないので脱毛効果が半減してしまいそうです。

今回の教訓は、カートリッジを清潔に保つためには「脱毛前の入念なシェービング」「脱毛中でもカートリッジの汚れの確認をする」です。

【照射3回目から14日後】ムダ毛が気にならない

ケノン脱毛4回目をする頃には、ムダ毛がほとんど生えてきませんでした。ところどころ、照射漏れがあったせいかヒョロヒョロとした毛が生えてきています。ですが、前回に比べると毛が生えてこないのでポロっと抜ける様子も確認できませんでした。

3回目の照射を終えてから2週間以上ムダ毛の様子を見てきましたが、生えてきている毛がヒョロヒョロと長くなるだけで、新しい毛はほとんど生えてきませんでした。今までは2週間もするとムダ毛が気になっていたのですが、今回は気になりません。

【照射4回目】連続照射モードの6連射でスピーディーに

日時・所要時間5月30日/20分
使用カートリッジラージ
モード/連射設定自動/6連射
すねレベル9/左右12回ずつ
ふくらはぎレベル9/左右21回ずつ
レベル7/左右4回ずつ
太ももレベル7/左右8回ずつ
脱毛の順番すね→ふくらはぎ(内→外→後ろ)→膝→太もも

前回は手動照射モードで、照射部位が重ならないように丁寧に照射しましたが、今回は自動照射モードの6連射でハンドピースを肌に滑らすように動かしてみます。というのも、ほとんど毛が生えてきていないので滑らす程度でも効果があると考えたからです。

手動照射モードの1連射で1回ずつ照射した前回は40分もかかりましたが、自動照射モードの6連射にしたら約20分で終わりました。ムダ毛が少なくなっているので、照射回数もかなり少なくなりました自動照射モードで連射にすると、時間の節約にもなります。

自動照射モードの連射で照射したのは久しぶりだったので、気づいたことを挙げておきます。

  • 照射スピードが抜群(パパパパパパっと2秒しないうちに終わる)
  • 照射前に2秒くらい間があく
  • 滑らせる範囲は5センチくらい(約5センチずつ、ずらして照射できます)
  • 手動照射モードと比べて、熱や痛みを感じにくい
  • 上についているボタンを押すとSTOPできる

自動照射モードは照射漏れがありそうで心配でしたが、慣れたら使いやすいです。今回は、熱や痛みをほぼ感じませんでしたし、施術後に赤みが出ることもありませんでした。順調に脱毛できていると思います。

前回はカートリッジの汚れが気になりました。今回は汚れを最小限に抑えるために、施術前のシェービングはこれでもか、というくらい四方八方から剃りました。そのお陰か、今回ほとんど汚れませんでした。

カートリッジを清潔に保つために、使用前後はしっかりお手入れしましょう。ガラス部分はアルコール消毒が可能ですが、白いフレーム(タッチセンサー)は樹脂製なのでアルコール類は使用できません。フレームは、ティッシュで軽く汚れを拭きとるだけにしています。
ケノンの購入はこちらから

【照射4回目から14日後】毛穴がしまって肌がきれいに見える

4回目の脱毛後には、ほぼ毛が生えてきませんでした。目視で確認できる毛が、左右それぞれ30〜40本程度です。明らかに以前より少なくなりました。ほとんど毛が生えてこないので、毛穴がひきしまったように見えます。

また、脱毛を始める前と比べて肌に艶が出て綺麗に見えるようになったと思っています。というのも、主人に「足の毛が目立たなくなって、ツルツルになってきたね。」と褒めてもらえたからです。まだ、約2ヵ月半しか使用していないのにも関わらず美肌効果にビックリです。ムダ毛のないお肌は、綺麗に見えるって本当なんですね。

【照射5回目】レベル9でも痛みや熱を感じず、手際よく照射できる

日時・所要時間6月13日/20分
使用カートリッジラージ
モード/連射設定自動/6連射
すねレベル9/左右12回ずつ
ふくらはぎレベル9/左右21回ずつ
レベル7/左右4回ずつ
太ももレベル7/左右8回ずつ
脱毛の順番すね→ふくらはぎ(内→外→後ろ)→膝→太もも

最初はケノンをセットすることが面倒だったのですが、慣れると苦になることもなく、約30秒でセットが完了します。セットと照射、カートリッジのお手入れまで含めて、約20分で両足の脱毛が完了しました。

痛みは、ほぼ感じません。私の場合は、1回目、2回目のときはゴムを弾いたような痛みが少しありました。3回目以降は痛みはなく熱を感じる程度です。

手動照射モードより連続照射モードにして、さらに6連射に設定すると時間が節約できます。連続照射モードでは、1照射にかかる時間は約10秒です。光の照射自体は1~2秒で終わりますが、その後、次の光を出力するための充電時間が約8秒あります。

脱毛作業は、照射と充電の繰り返しの単純作業です。充電中に携帯などをいじっていると、うっかり目を離した隙にいきなり照射が始まったりするので注意が必要です。今回は、このうっかりミスをしてしまい、膝を重複して照射してしまいました。

多分、そのせいで膝の周辺に赤みが出てしまいましたが、施術後に濡れたタオルで冷やしたので跡にも残らずに治りました。連続ショットの場合には、目を離さないことが大切です。カートリッジですが、今回も施術前に入念なシェービングを行ったのであまり汚れずに済みました。

まとめ

たった5回という施術でしたが、充分に効果がありました。脱毛前は、仕事柄毎日ストッキングを履くため、ほぼ毎日カミソリで処理して肌を痛めていました。さらには埋没毛になり肌に黒い点々ができてしまったり、それを毛抜きで無理やり抜いて血が出たりしました。

それが、今では2週間に一度、脱毛前にだけカミソリ処理をするまでにムダ毛が少なくなりました。

生えている毛は、ヒョロヒョロと弱々しい毛ばかりなので、施術を続ければもっと生えてこなくなると思います。膝下の角質が厚い部分だけ、少し脱毛の効果がまばらなので角質の除去と肌改質を改善するクリームを塗って様子をひと見ようと思います。

ケノンは、脱毛サロンと同じくらいの効果を期待できる家庭用脱毛器です。費用面で見ると、確かに脱毛サロンでは月数千円のものから最近ではお試しで1回数百円のプランまであり、見た目はとてもお得に見えます。

ただ、脱毛には毛周期の関係で脱毛し終わるのに2年~3年かかり、トータルで見ると、脱毛サロンのほうが余計に費用がかさんでしまうのです。全身脱毛ともなるとその差は歴然です。某大手脱毛サロンでは月8,400円で全身脱毛ができるプランがありますが、仮に3年かかったとしたら、36(ヶ月)×8,400(円)=302,400(円)かかる計算になります。

その点、ケノンは1回買ってしまえば好きなときに何度でも脱毛ができるので、お財布にも優しいです。夏のシーズン前や、結婚式前などのイベント時には大活躍すること間違いありません。

脱毛器ケノン


ケノンの購入はこちらから

みさき

両親と3姉妹で仲良く暮らす24歳OL。姉と妹は母に似て毛が薄く、私だけ父の遺伝子を色濃く受け継いでしまい剛毛。姉や妹には剛毛のつらさをわかってもらえず、自分で脱毛情報をリサーチ中!

Copyright© かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて , 2020 All Rights Reserved.