かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて

【敏感肌でも使える脱毛器】肌負担が少ないのはレーザーと光のどっち?


敏感肌だと、ちょっと脱毛しただけで肌が赤くなってしまったり、かゆくなるなどのトラブルになりがちです。敏感肌でも使える家庭用脱毛器ってあるんでしょうか?肌に優しい脱毛器の紹介と、敏感肌のスキンケア対策についても説明していきます。

乾燥性の敏感肌とは、うるおいを守るセラミド不足が原因

「化粧品にかぶれやすい」「肌が乾燥しやすい」「肌が赤くベタつきやすい」など、敏感肌の特徴やそれに伴う原因はさまざまです。

うるおいを守るセラミドが、もともと少なくて肌が乾燥しやすいと、敏感肌になりやすいです。クレンジングの際、コットンなどでこすりすぎるなど、間違ったスキンケアが原因で敏感肌を作り出している場合もあります。

また、花粉やハウスダストなど、色々なものにアレルギーを起こしやすい敏感肌の体質もあります。甘いものばかり食べて夜更かしするなど不規則な生活を続けたり、季節の変化などが影響して、敏感肌の症状が悪化することもあるのです。

【敏感肌の除毛トラブル】カミソリや毛抜き、除毛クリームで肌荒れも

敏感肌でムダ毛のお手入れをする際、手軽にできるカミソリや毛抜きは、安価ですぐに処理できることがメリットです。しかし事前や事後のケアを丁寧にしないと、肌荒れや傷、炎症を起こすなどの肌トラブルに見舞われることもあるのです。

また、脱毛クリームで毛を溶かすと、短時間で処理できますが、毛だけでなく肌も痛めてしまう場合もあります。

カミソリや毛抜き、除毛クリームのように即効性はなく、費用面、時間的にもややかかりますが、敏感肌の場合はレーザーや光脱毛器を考えてみるのも手です。

【レーザー式脱毛器】敏感肌には肌負担大。毛が多い部分は痛みもアリ

脱毛器は家で手軽にできるものがあり、光(フラッシュ)で脱毛するものや、レーザー式などのタイプに分かれています。ではまず、敏感肌でもレーザー脱毛器は使用できるのか、その仕組みと合わせて説明していきます。

レーザー式の脱毛器は、黒い色に反応するレーザーを照射して、毛根のメラニン色素に直接刺激を与え、徐々にムダ毛を減らしていく脱毛方法です。

脱毛効果が高いところがレーザー式のメリットです。しかし1回の照射面積が直径1cmと狭いために処理時間がかかってしまうことと、照射する際に強い痛みが生じてしまうというデメリットがあります。

レーザー式脱毛器で有名なトリアの公式サイトでは、デリケートゾーンやケミカルピーリング後など、肌が良くない状態の使用は控えるように説明しています。

さらに毛の量が多いところは強い痛みを感じたり、水膨れなどが発生する場合もあることも注意喚起しています。目元や鼻の穴、まゆ毛、こめかみなども使用NGです。処理する際に痛みがあるということは、肌負担があるということ。したがって敏感肌は避けたほうが無難です。

レーザー式脱毛器のデメリットをふまえ、敏感肌だどのような点に注意して脱毛器を選べば良いでしょうか。箇条書きにしてポイントをまとめてみました。

敏感肌で脱毛器を選ぶとき注意したいポイント

  • 痛みが少ないこと
  • 照射面積が広いこと
  • 照射レベルが調節できること

この条件を満たしているのが、光脱毛器です。肌への負担や痛みも少なく、ムダ毛処理できるといわれています。

【敏感肌でも安心な光脱毛器】ブラウン、パナソニック、ケノンで比較

光脱毛器とは、黒い色に反応する特殊な光を照射することで、毛根にあるメラニン色素にダメージを与え、ムダ毛の再生サイクルを少しずつ絶っていくという脱毛器です。

レーザー式よりも照射面積が広く、照射回数が少なくなるため時間がかからず、痛みもレーザーより少ないとされています。

家で手軽にできる脱毛器として、注目されている光脱毛器。その中でもネット通販などで口コミ評価の高いブラウン、パナソニック、ケノンの最新機種で、敏感肌に影響を与えうる照射レベルの機能を比較表にしました。

光脱毛器
照射レベル設定
ブラウン「シルク・エキスパート BD5003」・超やわらかフラッシュモード
パナソニック「光美容器 光エステ ES-WH95」・5段階
ケノン・10段階
高速6連射

一言で敏感肌といっても、刺激の感じ方や肌への負担は人それぞれですから、お手入れの際は出力レベルを調節できるものが望ましいです。

ブラウンの「シルク・エキスパート」は、「超やわらかフラッシュモード」で光の強さを自動調節してくれる機能をオフにすると、最も弱い光レベルで照射することができます

パナソニックの「光美容器 光エステ」は、フラッシュ出力を刺激を感じにくいレベル1から試すことができます。お手入れの効果が出やすいのはレベル5ですが、初めて試すときや特にデリケートな敏感肌でもムダ毛処理できます。

ケノンの脱毛器は、出力レベルが10段階。レベル1や2は、出力パワーが弱く、肌がとても敏感な場合でも使用できるので安心です。レベル3や4は、出力レベルが普通より弱めなので、肌の状態に合わせて微妙な匙加減でお手入れできます。

さらにケノンは1回の照射分のエネルギーを、6回に分けて高速で連射する機能もついています。光エネルギーを6回に分散することで、肌への負担が軽減されます。

【敏感肌のスキンケア対策】化粧品はセラミド配合の美容液を使用

次に、光脱毛器でのムダ毛処理と併用しながら、敏感肌そのものを改善していくスキンケア対策について説明していきます。

乾燥が原因の敏感肌の場合は、肌の保湿に努めます。化粧品はセラミド配合の美容液を使用し、ファンデーションは肌が乾燥しにくいパウダータイプにしましょう。クレンジングはクリームタイプのものを選びます。

体を洗うときは石鹸+コットン製のタオルを使い、優しく洗います。ボディシャンプー+ナイロンタオルでゴシゴシ擦って洗うことはやめましょう。入浴後は尿素入りのクリームを塗って肌を保湿します。

アレルギーが原因の敏感肌は、原因となるものを避けながら、早寝早起きやバランスの取れた食事など、規則正しい生活を送ることを心掛けます。自分の体を丈夫にすることで、肌の状態も改善されていく場合もあります。

まとめ

敏感肌とはどんな状態なのかをふまえながら、敏感肌でも使用できる脱毛器の機能説明をしてきました。レーザーと光なら、光脱毛器のほうが肌負担が少ないです。

自分の毛の量や肌に合った脱毛器を選びながら、毎日の生活で敏感肌のスキンケア対策も行っていきましょう。

みさき

両親と3姉妹で仲良く暮らす24歳OL。姉と妹は母に似て毛が薄く、私だけ父の遺伝子を色濃く受け継いでしまい剛毛。姉や妹には剛毛のつらさをわかってもらえず、自分で脱毛情報をリサーチ中!

Copyright© かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて , 2020 All Rights Reserved.