かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて

手作り豆乳ローションでムダ毛が薄くなる?抑毛効果を高める正しい使い方


大豆製品の一つである豆乳で作ったローションは、ムダ毛が薄くなるなどの抑毛効果があるとされています。飲んでも体にいい豆乳で出来たローションを塗ると、なぜムダ毛が撃退できるのか、その秘密に迫ります。また、家で簡単にできる豆乳ローションの作り方や、抑毛効果が上がる使い方も説明していきます。

イソフラボンを含む豆乳ローションに、抑毛効果があるってホント?

大豆製品の豆乳に含まれている成分の中でも、抑毛効果があるとされているのがイソフラボンです。イソフラボンは、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと似たような働きをすることが分かっています。

ムダ毛が目立つのは、ホルモンのバランスが崩れ、男性ホルモンの影響をを強く受けているからだと言われています。男性ホルモンは体毛の根っこにある「毛乳頭」を刺激し、体毛を太く長くして、ムダ毛の発生・成長を促しているのです。

男性ホルモンとは反対に、女性ホルモンはムダ毛の発生や成長を抑制する作用があります。したがって女性ホルモンを補うことができれば、ムダ毛の成長を抑えることができるはずです。女性ホルモンと同じ働きをする、イソフラボンを積極的に活用していきましょう。

豆乳ローションを肌に塗ると、イソフラボンの成分が肌に浸透し、毛穴の奥にある「毛母細胞」に直接働きかけます。毛母細胞には毛を成長させる作用があり、女性ホルモンと似た作用のある豆乳ローションを塗ることで、体毛の成長を遅らせることにつながるのです。

肌にローションが浸透することで、毛の根っこにある毛乳頭の動きが弱くなります。弱くなった体毛の根元部分は、毛を支えきれずに抜けやすくなるのです。さらに毛を太くする毛母細胞の増殖力が弱まり、それ以上毛が生えにくくなります。

ムダ毛を薄くするだけじゃない。豆乳ローションで美肌やシミ撃退も

豆乳には、大豆の栄養成分のほとんどが含まれています。イソフラボンのほかにも、大豆たんぱく質やサポニン、オリゴ糖、レシチン、ビタミンE、リノール酸など様々な栄養成分が含まれ、その健康効果についても注目が集まっているのです。

豆乳ローションに含まれる成分には、ムダ毛の抑毛効果だけではなく、ほかにどんな働きがあるのか詳しく解説していきます。

(1)大豆サポニンがニキビ予防に

毛穴が皮脂で詰まっていると、イソフラボンが毛穴の奥にある毛乳頭までしっかり届かず、十分な働きができないのです。そこで活躍してくれるのが、豆乳ローションに含まれる「大豆サポニン」という成分です。

サポニンは皮膚の表面上にある汚れを取り、毛穴まで染み込んで、中に詰まっている皮脂を洗い流してくれるのです。綺麗になった毛穴にイソフラボンが毛穴の奥まで浸透すると、イソフラボン本来の働きを発揮することができるのです。

さらに、サポニンによって皮脂で汚れた毛穴が綺麗になることで、ニキビの予防や改善にもなるのです。

(2)ビタミンEは美肌に◎

実は豆乳ローションの中には、肌の新陳代謝を盛んにするなど若返りに効くとされているビタミンE、細胞を活性化させる働きのある大豆レシチンなど、美しい肌を作るための有効な成分がたくさん含まれています。

さらに豆乳ローションは、ビタミンCが豊富なレモン果汁を使っているため、シミやくすみなどの原因となる、メラニン色素を消してくれる働きも期待できるのです。

カサカサしていた肌がしっとり潤い、毛穴の黒ずみやシミが消えるという話を聞くのは、豆乳ローションに含まれる豊富な有効成分のおかげなのです。

【豆乳ローションの作り方は簡単】材料は豆乳・レモン・消毒用アルコール

豆乳ローションがムダ毛の抑毛効果に加え、美肌にもいいことは説明してきましたが、手作りできることは知っていましたか?市販の商品もある中で、ここでは自宅で簡単にできる、豆乳ローションの作り方を説明していきます。

注意点を挙げると、作る前に道具類や保存する容器を含め、手もよく洗って清潔な状態にしておきます。雑菌が繁殖してローションの傷みを早めてしまうからです。また出来上がったローションは、作りたてと違って変なにおいがしてきたら、新しいものに替えます。

◆材料

  • 無調整の豆乳 500ml
  • レモン 2個
  • 消毒用アルコール 60ml

◆用意する道具

  • 小さな鍋
  • 清潔な綿のタオル
  • キッチンペーパー
  • ステンレスざる
  • ボウル
  • 軽量カップ
  • 温度計

豆乳ローションの作り方

(1)レモン2個をよく洗った後、果汁を絞る

(2)豆乳を鍋で加熱する

鍋に豆乳を入れ、スプーンでかき混ぜながら弱火にかけます。温度が上がり過ぎると豆乳の成分が壊れてしまうため、温度計で温度を計りながら60℃に温まったら、絞ったレモン果汁を入れましょう

(3)消毒用アルコールを加えて混ぜる

全体的に小さな固まりになってきたら、火を止めましょう。消毒用アルコールを加えて、さらにかき混ぜます。引火しやすいため、アルコールは必ずコンロからおろしてから入れるところがポイントです。

(4)ざるに綿タオル、ペーパーの順で敷く

ボウルにざるを置き、綿タオル、キッチンペーパーの順で敷きます。(3)を流し入れて、しばらく待ちます。綺麗に洗った手でぎゅっと絞り出せば、ローションの完成です。

(5)清潔なフタつき容器にローションを入れる

100均などで販売されている、化粧品の空き容器をしっかり洗った後、豆乳ローションを移しかえて保管します。スプレー式の容器が、使用するとき便利です。

(5)保管は冷蔵庫へ、余った分は冷凍庫で保存

豆乳ローションの材料は約1か月分です。防腐剤などの添加物が入っていないので、冷蔵庫で保管しつつ一週間を期限に使用します。使い切れない分は、小分けにして冷凍庫で保存し、自然解凍しながら使えば半年間はもつとされています。

抑毛効果がアップする、豆乳ローション&カミソリを併用した使い方

出来上がった豆乳ローションを、清潔にしておいた気になるムダ毛部分に、たっぷりと塗っていきましょう。理想的なのがお風呂上がりなどの、毛穴が開いた状態で使用していきます。

豆乳ローションは無添加なため、肌に優しく敏感肌でも使用することができます。ただし初めて使用するときは、アルコール成分で肌荒れするなどの可能性もありますから、事前にパッチテストしましょう。

ローションは、脚のすね毛、腕や顔、ワキ、背中やお腹、首や指など、全身のどこに塗っても構いません。できれば1日2回程度たっぷりつけたあと、手でなじませるように浸透させましょう。

カミソリでムダ毛を剃った後にローションを塗ると、抑毛効果が特にあるとされています。それは、毛穴の奥深くまでイソフラボンなどの成分が直接作用するからです。ムダ毛がまた生えてきても、処理後にローションを繰り返し塗っていけば、毛穴奥の毛母細胞が弱って毛が生えにくくなるのです。

カミソリだけのムダ毛処理は肌が乾燥し、肌荒れや毛嚢炎、シミなどの原因を作ってしまいます。カミソリ処理したあと、ローションで肌を保護していきましょう。

脇の黒ずみにも豆乳ローションを。気になるムダ毛の部位別使用方法

全身に使うことができる豆乳ローション。ただし体の部位によってムダ毛の量や質、生え方も違います。ここでは、ムダ毛を効率よく処理するために、部位別の使い方のコツを説明していきます。

◆脇

ノースリーブになるとポツポツとした黒ずみが目立つなど、ムダ毛が気になる部分です。カミソリ等で除毛処理したあと、コットンにローションをつけ、ワキの部分に押さえるようにしてしみ込ませましょう。

◆脚&腕

脚や腕は、毛の流れに沿ってカミソリでムダ毛を処理してから、ローションをたっぷりと塗り込むようにつけていきます。

◆指

手や足の指の毛が気になるときは、毛抜きなどで抜いてから、綿棒を使ってローションをつけていきます

◆ビキニラインなどのデリケートゾーン

水着を着る前から処理しておきたい部分です。ローションをのせた手のひらで、優しく塗っておきましょう。

豆乳ローションの抑毛効果まとめ

体にいい飲み物として注目されている豆乳で作ったローションが、ムダ毛が薄くなるだけでなく、美肌にもいいことを説明してきました。自宅で簡単にできる豆乳ローションを、カミソリなどの除毛グッズと併用していきながら、ムダ毛のケアをしていきましょう。

みさき

両親と3姉妹で仲良く暮らす24歳OL。姉と妹は母に似て毛が薄く、私だけ父の遺伝子を色濃く受け継いでしまい剛毛。姉や妹には剛毛のつらさをわかってもらえず、自分で脱毛情報をリサーチ中!

Copyright© かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて , 2020 All Rights Reserved.