かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて

【魚の目ってうつるの?】皮膚科受診でウィルス性イボと判明し液体窒素治療

スポンサーリンク

サンダル履きの女性41歳のパート主婦です。お風呂に入った時、ふと見たら足の中指に魚の目のようなものができ、そのままにしていたんです。そしてその後、少し大きくなったような気がしました。ちょっと痛くなってきたので、自分で判断するのは難しいと思い、皮膚科へ行きました。

スポンサーリンク

夏はサンダルを履きたいから、痛みを我慢して皮膚科でしっかりイボ治療

夏場はサンダルを履くため、その時に魚の目があると目立つな~と感じていたので、皮膚科へ見せたところ、魚の目そっくりのイボでした。スポーツジムでスイミングをたまに利用していたので、マットなどはイボがうつりやすいという、原因を色々と聞きました。

治療は液体窒素で焼くことになり、これを何度か続けるとのことでした。まず、1回目の治療をしてもらったところ、とてもじゃないけど痛くて、帰宅時は歩くのもやっとでした。液体窒素で、しっかり先生が焼かれたため、本当に足が痛くなりました。

「また2週間後に診せて下さい」とのことで、再度皮膚科で診てもらいました。するとまた液体窒素で焼くことになりました。イボの治療というのは、繰り返し液体窒素で焼くとのことで、痛いですが我慢して臨みました。

【イボ完治まで皮膚科で4回治療】家族にうつるため、タオルは共用しない

歩く時も、締め付けるタイプの靴は避けた方が良いとのことで、サンダルを履いて過ごしていました。完治するまで液体窒素で焼く必要があるので、4回ほど焼きました。すると、イボが黒くなりポロリと取れます。

治療した直後は、歩くのも辛い状況になったので、痛みが治まるまで締め付けがない靴を履くようにしました。なるべくサンダルやゆるいスニーカーなど履くようにしていました。仕事中は、サンダルを履いて過ごすようにしました。

イボは一度なったら繰り返すこともありますし、家族にうつるのでタオルは別に使用するよう注意があり、かなり注意して使用するようにしました。やはりウィルスなので、イボは家族にうつる可能性も大きいようです。

正しい治療のためには、魚の目かイボか皮膚科で診てもらうことが大切

液体窒素で定期的に焼いていると、次第に黒くなりポロリと取れ、その後は再発もなくキレイな状態で過ごしています。直すには時間がかかると聞いていましたが、液体窒素で時間をかけて治療することで、根元からスッキリとイボを取ることができたと感じています。

足もキレイになりましたし、特に再発はありません。足を清潔に保つことが必要ですし、靴も天日干しするなどしっかりケアしていくことで足の状態が良くなりました。ちょっと硬くて触ると痛いな~と思ったら皮膚科へ行って診てもらうと、魚の目かイボかどうかわかります。

自己判断で市販薬を使って治そうとすると、間違った治療になるため避けたほうが良いです。イボをキレイに治しましょう。

【ケノンを2ヶ月半で5回照射】使い心地と脱毛効果を正直にレビュー

スポンサーリンク
みさき

両親と3姉妹で仲良く暮らす24歳OL。姉と妹は母に似て毛が薄く、私だけ父の遺伝子を色濃く受け継いでしまい剛毛。姉や妹には剛毛のつらさをわかってもらえず、自分で脱毛情報をリサーチ中!

Copyright© かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて , 2020 All Rights Reserved.