かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて

敏感肌の女性に除毛クリームは使えるの?正しい使い方と効果について


足や腕の毛が気になるとき、薄着になる前から準備開始です。ムダ毛を処理する方法は様々ありますが、ドラッグストアで手軽に買える商品の一つに、除毛クリームがあります。

除毛クリームを使用したときに、なぜ毛が抜けるのかという仕組みから、敏感肌の場合の正しい使い方や除毛効果、アフターケアまで詳しく説明していきます。

除毛クリームで毛を溶かすことと、カミソリで剃ることの違いとは

実際に除毛クリームを使うと、どのような仕組みで毛が除去されていくのでしょう?ここでは除毛クリームとカミソリを比較して、毛を処理する際の具体的な特徴の違いについて説明していきます。

除毛クリームは、アルカリ性の薬剤で毛を溶かして処理する方法です。詳しく説明すると、ケラチンというタンパク質でできている毛が、アルカリ性に弱いという性質を利用して除毛していくやり方です。

カミソリと比べ、除毛クリームは肌の表面を削って傷つけないという特徴の違いがあります。ただ、皮膚もタンパク質でできているため、わずかですが薬剤の影響で肌まで溶かしてしまい、合わないとかぶれたりする場合もあるため注意が必要です。

また除毛クリーム使用後は、自然な仕上がりになるという特徴もあります。カミソリ処理後は、毛の根元部分が残ってしまいますが、除毛クリームは毛根近くまで薬剤で溶かすため、毛先がザラザラしません。

一方カミソリは、肌に直接刃をあてて毛をカットしていく方法です。安価で手軽なアイテムなため、多くの人が使用していますが、処理前後の保湿など使用方法に気をつけないと、肌が炎症したり、シミになるなどのトラブルを招いてしまいます。

敏感肌でも除毛クリームは大丈夫?ヴィートでパッチテストしてみた

どの除毛クリームでも、使用する前に気を付けることは、肌に合うか必ずパッチテストを行うことです。「ヴィート・バスタイム除毛クリーム 敏感肌用」の本体裏には、太字でパッチテストの方法を含めた注意点が載っていました。

ヴィートのパッチテストは、除毛したい部分に少量塗って5分経過後、水かぬるま湯で洗い流します。ヒリヒリするなど肌に異常が無いか様子を見て、24時間以上経って問題なければ、使用がOKとなります。

では実際にヴィートを使って腕にパッチテストをしてみた、Nさんの体験談をご紹介します。

「ヴィート・バスタイム除毛クリーム 敏感肌用」のパッチテスト体験談 Nさん(40歳女性)

普段から化粧品などにかぶれやすかったり、ちょっとした刺激でも肌にかゆみが出てしまう敏感肌です。初めてヴィート除毛クリームを使い、パッチテストしてみました。腕の毛が伸びた状態で、10円玉大ほどの大きさのクリームを塗ってみます。

ヴィートを塗った瞬間は何も感じませんでしたが、1分ほどすると、じわっとスースーしてきました。その後、洗い流すまでミント系のリップクリームを塗ったような、スースーする感覚は続きました。痛みやかゆみはありません。

ニオイはきつくなく、ツーンとしません。むしろ石鹸のような、華やかないい香りがしました。説明書通りに、5分後、ぬるま湯で洗い流します。今回は洗面所の時計を見ながら行いましたが、一人の場合バスルームで処理する際は、5分きっかりどうやって計るのかな?と、ふと疑問がわきました。

クリームを洗い流した部分だけ、毛が無くなっていることが触ると分かりました。短くなっただけで若干、残っている毛もありました。触ると、カミソリ処理後のようにザラザラしません。保湿成分のおかげか、肌がなめらかな感触でした。

その後24時間様子を見ていましたが、肌のかゆみや炎症は特に出ませんでした。除毛クリームで処理してから3日経ちましたが、毛はまだ生えて来ず、すべすべな状態をキープできています。

Nさんのパッチテスト結果は、皮膚にかゆみや痛みを感じることはありませんでした。敏感肌なため除毛クリームの使用をためらっている場合、まずパッチテストをすることから始めてみましょう。

ただ除毛クリームは、腕では大丈夫だったけど、ビキニラインでは赤く炎症してしまった…などの話を聞いたことがあります。除毛処理する部位ごとに毎回、パッチテストをすることも頭に入れておきましょう。

ヴィート・バスタイム除毛クリームの使い方-塗って5分後に洗い流す

パッチテストをして、肌に異常がないことを確認したら、実際に除毛していきましょう。ここからは、「ヴィート除毛クリーム・敏感肌用」の使い方を説明していきます。

注意するポイントは、生理前などホルモンバランスが変化している時や、テスト前など寝不足が続いている場合、肌の状態がデリケートになりがちなので、使用を避けるようにします。

(1)ムダ毛にクリームを塗る

ピンク色のスポンジ面に、クリームをたっぷり出し、バスルームで乾いている状態の肌に隠れるくらいクリームを塗ります。クリームは、爪や髪につかないようにします。塗ったあとは、手をすぐに洗ってください。

(2)5分待ち、シャワーで洗い流す

クリームを塗り1分経ったら、クリームが勢いよくあたらないようシャワーを浴びます。塗り始めてから5分待ち、スポンジの白い方でクリームを取り、除毛できているか確認します。最後にスポンジで〇を描くように、毛を洗い流していきます。

毛を流すときにポイントなのが、敏感肌を痛めますから、ボディタオルなどで強くこすりすぎないことです。またクリームには保湿成分が含まれていますから、肌のうるおいを残すためにもボディソープを使用しないでください。

【除毛クリーム効果が持続する期間】個人差はあるが一週間程度

足のすね毛や腕の毛などは、1日に0.2mm~0.4mmほど成長し、3~6か月間伸び続け、その後は抜けていきます。

除毛クリームでの処理を行い、次に生えてくる毛が気になるのは個人差があります。除毛クリームの持続効果がおよそ一週間程度とされているのは、一日約0.3mm×7日間=約2.1mmほど生えてきたら、気になり始めるからでしょう。

カミソリは、肌の表面上にある毛を剃っていくため、数日でムダ毛が気になってくることに対して、毛根近くまで毛をなくす除毛クリームのほうが、効果が長いことがメリットです。ただ除毛する部位や、毛の量や質によっても効果が続く期間は変わってきます。

ムダ毛が気になる箇所で、伸びるスピードが早いところと遅いところを知っておき、部位ごとのヘアサイクルに合わせて除毛クリームを利用すれば、ツルツル効果を維持できるでしょう。カミソリ処理後のザラザラ感が気になっている場合は、除毛クリームに挑戦してみるのも一つの手です。

除毛クリーム使用後の肌ケアは、強い刺激は避けて十分に保湿を

塗って5分ほど待って洗い流せば、ムダ毛処理できる除毛クリームは、手軽にできる便利アイテムです。しかし、再び毛が生えてきたからといって、継続して除毛処理を繰り返していると、肌がかぶれたり、赤く炎症することにもつながりかねません。

除毛クリーム処理後の肌は、とてもデリケートになっているので、普段よりも肌ケアを丁寧に行います。除毛直後は石鹸などの使用を避け、ナイロン製のタオルを使ってこすり洗いするのはやめてください。

さらに赤ちゃんでも使用できる低刺激の保湿剤などで、十分なスキンケアを心掛けましよう。アルコール入りの化粧水などは刺激が強いため、避けるようにします。赤みが出そうな時は、冷やして炎症を鎮めましょう。

敏感肌の女性に除毛クリームは使えるのかまとめ

除毛クリームを使用すると、なぜ毛が抜けるのかという仕組みから、敏感肌のパッチテスト体験談や、正しい使い方、除毛効果について説明してきました。

敏感肌の場合、除毛クリームを使うと必ずしも肌がかぶれることはありません。パッチテストを行って大丈夫ならば、使用上の注意を守ってムダ毛処理をしていきます。保湿などのアフターケアも心がけ、ツルツル美肌が実現できるように心がけましょう。

みさき

両親と3姉妹で仲良く暮らす24歳OL。姉と妹は母に似て毛が薄く、私だけ父の遺伝子を色濃く受け継いでしまい剛毛。姉や妹には剛毛のつらさをわかってもらえず、自分で脱毛情報をリサーチ中!

Copyright© かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて , 2020 All Rights Reserved.