かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて

【毛抜きVSカミソリ】ムダ毛の処理で、肌ダメージが少ないのはどっち?


ビキニの水着を着るとき慌てないためにも、毛の処理は必須です。100均などでも販売されている、ムダ毛処理グッズといえば、毛抜き&カミソリです。手軽に購入でき、自宅ですぐに処理できるところも嬉しい点です。

急いでムダ毛を処理した後、肌が赤く炎症したり、化膿してしまうトラブルだけは避けたいものです。今回は毛抜きとT字カミソリを比べた場合のメリット・デメリットと合わせ、処理後の肌トラブルや、正しい処理法についても説明していきます。

また、毛抜きやカミソリはどれを選んだらいいか分からない…といった場合に、Amazonや薬局などで購入できる商品も、合わせて紹介します。

【毛抜きは毛根から脱毛】カミソリより効果が長持ちするけど肌負担大

毛抜きでの脱毛は、ムダ毛を毛根から引っ張って処理する方法です。カミソリで剃った場合と比べ、毛抜きで抜いたほうが頻繁に処理しなくて済むため、見た目や、もちがいいとされています。

しかし、毛抜きで毛を抜くということは、毛根にある毛母細胞という皮膚の一部をちぎることになります。ちぎって傷ついた皮膚の部分は、神経も血管も通っていますから、当然痛みを伴います。

さらに毛抜きを続けていると、皮膚が硬くなってしまい、伸びてきた毛が埋もれてしまうなどの肌トラブルを引き起こすこともあります。毛抜きでの処理は肌への負担が大きく、毛穴を痛めて炎症を起こす原因にもなるので、やりすぎないようにしましょう。

毛抜き脱毛は埋没毛になりやすい。ムダ毛が薄いなら間引くだけにして

毛抜き処理を長く続けていると、皮膚が硬くなったり、硬くなった皮膚の内部に毛がもぐって外に出られない、などのトラブルに要注意です。次では毛抜き処理後に起きやすい肌トラブルについて詳しく説明していきます。

瘢痕化(はんこんか)

毛を抜いた時にできる傷は自然と治ります。しかし、毛抜きで脱毛することを長年にわたって繰り返すと、傷ついた部分が瘢痕(はんこん)という硬い皮膚になり、鳥肌のようにボツボツ盛り上がってしまうことがあります。

皮膚が硬くなることを抑えるには、毛抜き処理する前にその部分を十分に温め、皮膚を柔らかくしてから処理しましょう。

埋没毛

のびてきた毛が、瘢痕化した硬い皮膚のせいでうまく外に出られず、皮膚の内部に埋もれている状態をいいます。毛抜き脱毛の際、皮膚についた傷が治るとき、毛穴がふさがり、化膿して炎症を起こすこともあります。

埋没毛になってしまった場合、無理に自分で毛を抜こうとすると、次に生えてくる毛も埋没毛になる可能性があります。重症の場合は皮膚科などの病院で、医療レーザー脱毛を行い、埋没毛を取り除く治療が必要になってきます。

毛根を刺激する毛抜き処理は、なるべく避けたほうが賢明です。もしムダ毛が薄いなら、どうしても目立つ毛だけを間引きするなどの手段として、毛抜きを使用するといいでしょう。

【Amazonで人気の毛抜き】ガッチリ毛を掴んでラクに抜ける

毛抜きは100均やドラッグストアでも販売されており、種類も豊富でどれを選んだらいいか迷います。Amazonなどで購入できる、使いやすくて抜けやすい人気の毛抜きを紹介しますので、参考にしてください。

◆グリーンベル「My-Lash ステンレス毛抜きセット」(毛抜き&まゆ毛抜き) ¥486(税抜)
グリーンベル「My-Lash ステンレス毛抜きセット」

毛抜きとまゆ毛抜きがセットになった毛抜きです。先が平らになっているので、ムダ毛をガッチリつかみやすく、確実に抜くことができます。100均の毛抜きは安いけど、すぐに壊れそう…という場合、ステンレス製で耐久性に優れた毛抜きなら、愛着を持っていつまでも使えそうです。

毛抜きは、お泊まりの時などに処理を忘れた場合、急に必要になる時があります。小さいので、無くさないよう化粧ポーチなどに保管しておけば、サッと取り出していつでも使えます。

カミソリは毛抜きより肌負担は少ないが、定期的なムダ毛処理が必要

ムダ毛を処理する場合、毛抜きよりカミソリを使ったほうが肌負担が少ないため、トラブルのリスクも低いです。しかし、処理後は数日で毛が生えてくるため、その都度定期的に処理を繰り返す必要があります。

カミソリ処理で注意すべきことは、週1程度にとどめておき、頻繁に剃り過ぎないことです。また、体調の悪い日などはムダ毛処理をすることを控えましょう。処理後に起きやすい肌トラブルには、どんなものがあるのでしょうか。

カミソリ負け

皮膚の表面は目に見えない凸凹があります。カミソリで毛を剃ると同時に、肌には無数に小さな傷がついているのです。傷が炎症を起こすと、赤いブツブツとした斑点ができてかゆくなり、カミソリ負けの肌荒れ状態となってしまいます。対策としては、かゆみが出たら冷やして、炎症を鎮めましょう。

炎症性色素沈着

肌が化膿したところや、カミソリ負けした傷などが炎症後、シミになった状態をいいます。シミができた状態で日焼けすると、消えるのに何年もかかったり、消えなくなる場合もあるので、要注意です。対処法は、ピーリング化粧品で古い角質を取り除くなどのケアすると、薄くなるとされています。

毛嚢炎(もうのうえん)

毛穴がニキビのように膿んでしまった状態をいいます。赤いポツポツができたり、黄色い膿をもったりします。顔にできたものを「ニキビ」といい、脚などの体にできものを「毛嚢炎」と呼びます。

毛嚢炎になってしまったら、洗って清潔な状態を心掛けておけば自然と治りますが、痛みがひどい場合は皮膚科を受診しましょう。

肌荒れやポツポツとした毛嚢炎、色素沈着などの肌トラブルを避けるためにも、肌を痛めないカミソリの処理法ってあるんでしょうか。次からは、正しいカミソリの使用法について説明していきます。

【カミソリでのムダ毛処理方法】除毛前後に保湿することが大切

カミソリで除毛する際は、肌がうるおって剃りやすくなるため、事前にクリームやジェルで保湿しておきましょう。

やり方はまず、ムダ毛処理したい部分をよく洗い、蒸しタオルなどで除毛する部分を温め、血行を良くしましょう。次に、シェービングクリームを塗ります。そしてカミソリを持ち、毛の流れと同じ方向に剃っていきます。

この時、逆剃りをしたり、同じ場所を2回以上剃らないよう注意してください。ひざなどの骨ばった部分は、カミソリを持っている手とは逆の手で皮膚を引っ張ると、より剃りやすくなります。

カミソリ処理は、清潔な場所で剃ることも大事です。剃り終わったら、残ったシェービングクリームをシャワーでよく洗い流しましょう。タオルで水分を拭き取ったら、保冷剤をタオルで包んで剃った部分に当てて冷やします

冷やしたあとは、忘れずに保湿クリームを塗りましょう。処理後の肌はとても無防備でデリケートな状態になっているため、敏感肌用の保湿クリームを使用することが大切です。

できればカミソリは、使い捨てになるくらいの覚悟を持って使います。切れ味が悪いと肌が炎症する原因になったり、カミソリあとがついてしまう場合があるからです。使用したカミソリは錆びたり雑菌が繁殖しやすくなるので、濡れたまま放置しないようにしましょう。

シックのカミソリはAmazonで購入でき、コスパ抜群&剃り心地スムーズ

カミソリはドラッグストアや通販などでも販売されており、切れ味、使い勝手、自分の肌にフィットするかなど、選ぶポイントはたくさんあります。次に、薬局やAmazonでも購入できる、使いやすいカミソリを紹介します。

◆シック クアトロ4 ディスポ フォーウーマン 3本入 ¥228(税抜)
シック クアトロ4 ディスポ フォーウーマン 3本入

アロエやビタミンが配合されたスムーサーつきの、肌に優しい4枚刃のカミソリです。1本あたり100円以下という価格にもかかわらず、ヘッドが動くようになっており、凹凸がある肌にもぴったり密着し、剃ってくれます。

替刃タイプのカミソリは交換が面倒だったり、接続部分が汚れていたり、カビて使えなかったりすることもあります。本体ごと交換できるカミソリなら、衛生的に安心して使うことができそうです。

まとめ買いに便利な3本入りなので、多めにストックしておくといいです。カミソリを使おうと思ったら、錆びて使えなかった…なんてことのないよう、前もって準備しておきましょう。

カミソリと毛抜き、肌ダメージが少ないのはどっち?まとめ

毛抜きとカミソリを比べた場合の、メリットやデメリットと合わせて、処理後の肌トラブルや対処法、正しい処理法について説明してきました。毛を無くすことばかりに心を奪われがちですが、スキンケアなど肌へのいたわりも忘れずにしましょう。

毛抜きでの脱毛は、毛根を刺激してしまい、肌ダメージが大きくなるのでなるべく避けたほうが無難です。一方、カミソリでの除毛は前後に必ず保湿するなど、正しい処理法を守って除毛していきます。Amazonや薬局などで、自分に合った毛抜きやカミソリを選んで処理しましょう。

みさき

両親と3姉妹で仲良く暮らす24歳OL。姉と妹は母に似て毛が薄く、私だけ父の遺伝子を色濃く受け継いでしまい剛毛。姉や妹には剛毛のつらさをわかってもらえず、自分で脱毛情報をリサーチ中!

Copyright© かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて , 2020 All Rights Reserved.