かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて

【脱毛サロンvs家庭用脱毛器】費用対効果はどっちがお得?

脱毛器と脱毛サロン、どちらがいいか悩む女性脱毛サロンのキャンペーン広告で、1回300円や500円などのびっくりするくらい安い金額が並んでいるのを見かけます。本当にそんなに安く脱毛できるなら、行ってみたいです。でも実際は1回で脱毛が完了するわけないし、通い続けるならもっとお高いのでしょう…。

最近は家庭用脱毛器も人気です。でも、家庭用だから効果が薄いのかな、とか考えると、購入をためらってしまいます。脱毛サロンと家庭用脱毛器、脱毛するならどっちがお得なのか、費用や続けやすさの面から調べてみました。

人気の脱毛サロンで足脱毛にかかる費用を比較

脱毛サロンは、光脱毛という方法で脱毛します。ムダ毛に含まれる黒い色素に反応する光を当てて、毛根にダメージを与えるのです。照射を繰り返すことで、ムダ毛が生えにくくなる、あるいは生えてくる毛が次第に薄くなっていきます。

人気の脱毛サロンの料金や足脱毛のコースの有無や、店舗数について比較してみました。

ミュゼプラチナム
銀座カラー
キレイモ
脱毛方法光脱毛(美容脱毛S.S.C.方式)光脱毛光脱毛
全国の店舗数180店舗以上(42都道府県)53店舗(19都道府県)47店舗(18都道府県)
全身脱毛コース全身脱毛コース
6回25万2,000円
全身パーフェクト脱毛
月額1万2,700円、コース金額38万2,000円(税抜)
全身18回分
月額9,500円×36ヶ月
34万2,000円
足脱毛コース無:フリーセレクト美容脱毛コース(両ヒザ上下を選択)4回1万2,000円~有:足全セット
月額7,200円、コース金額22万5,600円(税抜)
無:全身脱毛専門サロンなので、部位の選択はできない

店舗数が圧倒的に多いのは、「ミュゼプラチナム」。同じ光脱毛でも、肌に優しい美容脱毛S.S.C.方式を採用しており、トリートメント効果のあるジェルの上からライトを当てて脱毛します。どこのサロンでも、全身脱毛すると数十万かかってしまいます。(公式サイトに載っていた金額ですが、キャンペーンで安くなっていることもあります)

足だけを脱毛できるコースを用意しているのは、「銀座カラー」だけでした。腕全セット、VIOセット、顏セットなど、部位別のコースが用意されているので、気になる部分だけ脱毛したい、という方が選びやすくなっています。

「ミュゼプラチナム」には足コースはありませんでしたが、脱毛部位を自由に選べるフリーセレクト美容脱毛コースが用意されていました。

施術前には、必ずカウンセリングが必要

脱毛サロンでは、施術前には1時間ほどのカウンセリングを受けることになります。キャンペーンで300円や500円で施術してもらう場合でも、先にカウンセリングを受けることに変わりはありません。ムダ毛の生え方は個人差がありますので、ムダ毛や肌の状態をみて色々アドバイスしてくれます。

いざ通う場合には、毎回予約をとったりスケジュールを調整しないといけないので、やはり通うにはある程度の覚悟が必要と言えそうです。

【家庭用脱毛器も人気】費用と使い心地を比較

脱毛サロンに通わなくても、自宅で脱毛ができると家庭用脱毛器も人気です。人気の脱毛器の値段や機能を比較してみます。

 
ケノン
エピナード
トリア 4x
ケノン
エピナード
トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4x
脱毛法光脱毛器
光脱毛器レーザー脱毛器
実売価格7万円前後3万円前後4万円前後
定価9万8,000円5万9,000円5万4,800円
効果を感じる回数2週間毎に4~5回1週間毎に5回2週間毎に3~6回
電源コードコード充電式
別売品カートリッジカートリッジ、ジェル内臓バッテリー
レベル10段階
10段階5段階
照射面積2.0cm×
3.5cm
2.0cm×
3.5cm
直径1cm
(円型)

家庭用脱毛器ケノンとエピナードは光脱毛で、脱毛する方法はサロンと同じです。私はケノンを使っているのですが、レベル10で照射すると赤く炎症してしまったことがあるので、家庭用とはいえ、サロンに比べて効果が弱いという先入観は持たなくて良さそうです。

「効果を感じる回数」は、取扱説明書や公式ホームページに従って記載させて頂きました。効果を感じるようになってからも、継続して照射を続ける必要はあります。

脱毛サロンの予約は、2ヶ月ほど間を空けるところが多いですが、1~2週間間隔を空ければ家で気軽に脱毛できるのが家庭用脱毛器の魅力です。光脱毛器のケノンとエピナードはコンセントにつないだ状態で脱毛するので、コードを気にしながら処理しないといけないですが、トリア・パーソナルレーザー脱毛器4xはコードレスです。

エピナードには、コラーゲンや潤い成分が配合された専用のジェルもついているので、脱毛後のケアもバッチリできます。照射後はお肌が乾燥しやすくなるので保湿ケアは欠かせません。ケノンやトリア4xには専用ジェルはありませんが、保湿は忘れないようにしましょう。

光脱毛・レーザー脱毛ともに黒い色素に反応する

家庭用脱毛器トリア4xは、レーザー脱毛器です。光脱毛と同じくムダ毛に含まれる黒い色素にのみ働きかけ、毛根にダメージを与えます。ムダ毛にだけ働きかけるので肌への負担が少なくて済むことや、日焼けした肌やほくろに照射できないのは、光脱毛もレーザー脱毛も同じです。でも、レーザー脱毛の方が痛みを感じます。

光脱毛器の方が照射回数が少なくて済む

ケノン・エピナード・トリア4xの照射部分比較

トリア4xの取扱説明書には照射回数が太もも片足600回、膝下片足600回と記載してありました。ケノンの取扱説明書に回数の記載はありませんでしたが、私が照射してみたところ、太もも両足60回、膝下両足120回でしたので、トリア4xの照射回数の方が圧倒的に多いことになります。これは、照射面積の違いによります。

トリア4xの照射面積は、直径1cmの円です。これでは何度も往復して照射しないといけないので、片足600回、両足で1,200回位照射することになるのでしょう。ケノンとエピナード付属のカートリッジは、3.5cm×2.0cmなのでトリアの照射面積の8倍以上あります。太ももやすねなど、面積が広い部分はケノンとエピナードの方が照射回数も少なく、早く脱毛できます。

カートリッジなど、追加コストがかかる

ムダ毛の量や生えている範囲は個人差が大きいです。4~5回の照射で効果を感じられても、ムダ毛が気になる限り照射し続けないといけません。ケノンとエピナードはカートリッジが別売されていますので、追加で購入することになります。

◆「ケノン」の別売カートリッジ(メーカー希望小売価格、税込)
・ラージカートリッジ(2.0cm×3.5cm):7,700円
・エクストララージカートリッジ(2.5cm×3.7cm):9,800円
*レベル10でも1万発は照射可能

◆「エピナード」の別売カートリッジ(メーカー希望小売価格、税別)
・エピナードEPIカートリッジ:6,000円
・モイストケアジェル:4,000円
*まとめ買いするお得セットや、定期コースもあり

レーザー脱毛器トリアの場合は、カートリッジを購入する必要はありませんが、内臓バッテリには寿命があります。電池を長持ちさせるために、使わなくても3ヶ月に1度は充電するよう推奨されています。500回の充電が可能であると公式ホームページに書いてありますので、トリアの場合は毎週照射しても10年はもつ計算になります。

お金がかかっても脱毛サロンに通うメリットは?

脱毛サロンで太ももを脱毛

脱毛サロンのコースは、3年通う前提の設定になっているので、月額の支払いが数千円でも3年分にするとかなりの金額になってしまいます。一方、家庭用脱毛器は本体を買ってしまえば、カートリッジを追加購入するまで、しばらくは自分のペースで自宅で脱毛できます。金額だけで言えば家庭用脱毛器の方がお得です。

それでも、こんな人には脱毛サロンに通うメリットがあります。

  • 自分で処理するのが面倒
  • きれいなお部屋で、プロに施術してもらいたい
  • 脱毛サロンに通うのが苦ではない

家庭用脱毛器を購入しても、使わずにしまいっぱなしにしてしまったら、意味がありません。そうなってしまいそうな人や、エステ気分でプロに施術してもらって癒されたい人は、思い切って脱毛サロンのカウンセリングを受けてみましょう。

通うのが苦にならないよう、職場の近くや自宅近くにサロンがあるといいですね。また、予約が1~2ヶ月先になりますので、スケジュール管理もお忘れなく。

家庭用脱毛器は、1台あれば家族や友達とシェアできる

家庭用脱毛器ケノン

購入した脱毛器をしまいこまずに使えば、家庭用脱毛器にはこんなメリットがあります。

  • 家族や友達と共有できる
  • 自宅で脱毛処理ができる

脱毛サロンでは、今日は姉が代わりに行くのでお願いします、という訳にいきません。でも、家庭用脱毛器なら姉妹や母子で共有することができます。最近は、男性にも人気ですから、兄弟やお父さんとも共有できますよ。家族でなくとも、お友達とシェアすることもできます。

光脱毛器のケノンとエピラードなら、カートリッジが別売されていますので、本体は割り勘にして、カートリッジはそれぞれが購入して脱毛する、なんて使い方もできます。本体を安くゲットできるし、自分では脱毛しずらい太もも裏をお互いに脱毛したりできれば、一石三鳥くらいになります♪

家庭用脱毛器の中でも、レーザー脱毛器と光脱毛器なら、照射面積の広さから光脱毛器の方が続けやすそうです。

脱毛サロンと家庭用脱毛器のまとめ

コスト的には家庭用脱毛器の方がお得ですが、近くに脱毛サロンがあり、プロに施術してもらえるなら通うのは苦ではない、という人は脱毛サロンもあり!です。

どちらも、キャンペーンなどで安くなっている時期があります。見逃さないようにして、お得にムダ毛のない肌を手に入れ、スカートやサンダルを履いてお洒落を楽しみましょう。

みさき

両親と3姉妹で仲良く暮らす24歳OL。姉と妹は母に似て毛が薄く、私だけ父の遺伝子を色濃く受け継いでしまい剛毛。姉や妹には剛毛のつらさをわかってもらえず、自分で脱毛情報をリサーチ中!

Copyright© かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて , 2020 All Rights Reserved.