かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて

【足先が冷たい末端冷え性対策】足指体操+足湯でポカポカ温まろう

スポンサーリンク

足先冷たい34歳女性、現在は専業主婦をしています。私は、20代の頃から末端冷え性に悩まされていました。夏の冷房や秋冬の間は、足先が冷えて冷えて仕方ありません。足先が冷たいと不快で集中力がなくなるし、夜お布団に入ってもなかなか眠れません。

スポンサーリンク

末端冷え性で眠れず辛い…靴下や湯たんぽの対策では根本的に改善せず

末端冷え性で眠れないストレスは、なかなかのものでした。昼間家にいるときは、厚手のもこもこした靴下を重ね履きしたり、湯たんぽに足をくっつけたりしてしのいでいました。でも、外出時はなかなか対策ができずに困っていました。

まず、靴下を重ね履きしたら靴に足が入りません。特に外回りの仕事中は冬でもストッキングにパンプスで、とても寒い!かといって暖かいムートンブーツはカジュアルすぎて履けないし…。

状況によっては、靴下や湯たんぽなど外側から暖められないことも多かったです。なので、末端冷え性の体質改善について色々調べてみました。そこで効果があったのは、足指体操と入浴時の足湯(お湯と冷水)でした。

【足指体操で末端冷え性が改善】足の指で「ぐー、ちょき、ぱー」を30セット

まず、足指体操ですが、テレビを見ながら時間が少しでも空いたときにできる簡単なものです。まず、床に座って足を伸ばし、足の指で「ぐー、ちょき、ぱー」をします。ちょきなどはうまくできなくても気にしません。一度にだいたい30セットくらい、暇があればやっていました。

これは仕事中でもデスクの下で靴を脱いでできるので、お手軽な方法だと思います。毎日空いた時間にこの体操を一ヶ月くらい続けました。すると、末端冷え性により足先が冷えてつらいと感じることが減り、冬になってもそれほど冷えを感じません。

冷水&温水の足湯で温まると、熟睡できた!寒い日の外出も憂鬱じゃない

次に足湯です。入浴後、浴室から出る際洗面器に冷水をためておきます。浴槽から出たら、冷水に約30秒~1分間足をつけます。結構冷たく感じるので、慣れるまでは我慢が必要でした。その後、再度温かい浴槽に1分ほど足をいれます。

この足湯を2、3回繰り返すと、だんだん足先がポカポカしてきます。お風呂から出たあとも、1時間くらいはポカポカしていました。これをした日は、寝るときに足が冷えて眠れない!ということはなくなりました。

今でも、夏が終わり「今日は少し寒いかな?」と感じ始めたころから足指体操をしています。毎日、というわけではないのですが、それなりに効果はあります。足湯はたまにしたりしなかったりですが、冬でも靴下を履かなくてもぐっすり眠れます。

これまでは夏が終わると末端冷え性のせいで憂鬱になっていたのですが、冷えることがほとんどなくなったおかげで、秋も冬も外出がおっくうではなくなりました。

スポンサーリンク
みさき

両親と3姉妹で仲良く暮らす24歳OL。姉と妹は母に似て毛が薄く、私だけ父の遺伝子を色濃く受け継いでしまい剛毛。姉や妹には剛毛のつらさをわかってもらえず、自分で脱毛情報をリサーチ中!

Copyright© かみあし|家庭用脱毛器と脱毛サロンについて , 2020 All Rights Reserved.